「勝った」とか「負けた」とか一番大切なのは・・

幸せな生き方

世の中には、どの世界にでも

ライバルというものは存在します。

保育園に通う息子でさえ、

「1番!」という言葉には敏感で、

早く行動をさせたい時には、

「よーい、どん!」の掛け声で

動きが機敏になります。

■負かしてやろう。

競争は、確かにアドレナリンが出て

やる気が出てきます。

「アイツに勝ってやる」

「アイツには負けたくない」

そうやって、企業同士でも

社員同士でも、

日々、競い合っています。

■自分が勝つということ。

「アイツを負かしてやろう」

そうやって、自分が勝つということは、

相手の食いぶちを減らすということなのです。

そして、自分の食いぶちを増やすこと。

「勝者」がいるということは、

「敗者」がいるということなのです。

■幸せな方向

daisy-712898_640

その先には、幸せなことは

あまりありません。

その先に待っているものは、

いつまでも戦い続けなければいけないという

使命感と、いつか敗者になるのではないかという

恐怖が残ります。

だから、本当の幸せの方向は、

食いぶちを奪い合うのではなく、

食いぶちのパイを広くしようとする努力。

その業界が、盛り上がって、

その商品やサービスで

幸せになる人を増やす努力。

そして、勝った、負けたの世界ではなく、

淡々と自分が好きなことができる。

この先に、幸せがあるのです。

■まとめ

人は、ついつい他人と自分を比べ、

一喜一憂します。

でも、そんなことをしても

幸せは待っていません。

結局は、自分が熱中できることが

どれだけやれたか、

そして、どれだけ沢山の人を

喜ばせることができたか・・

この先に、本当の幸せがあるんだなと

私は思っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ