稼ぐだけでは、幸せになれない。

お金のこと

「好き」を「お金」に変える心理学

読みました。

 

■もっともっと

 

あなたは自由に使えるお金がいくらあったら、

十分だと感じるでしょうか?

100万円、1000万円、1億円、10億円、

あるいはそれ以上でしょうか?

テレビなどで、全身をブランド品で

埋め尽くし、豪邸に住んでいる姿を見ると

お金はいくらあっても足りない。

そんな気がします。

でも、それは、自分が満足でき、

充足する環境を知らないからです。

■カフェのコーヒー

 

カフェで、もし頼んだコーヒーが

ビアジョッキになみなみと

注がれて出てきたら、どう思うでしょうか?

何かの間違いだと思った後、

こんなにいらない、飲み切れない、

もったいないなど、様々な感情がわき起こるはずです。

(中略)

なぜなら、今の自分がおいしく飲めるコーヒーの

量はわかっているのに、

お金に関しては物差しがなく、

適量をわかっていないからです。

(中略)

自分の求める容量に合ったサイズのカップであれば

十分に入っているコーヒーも、

飲み切れないサイズのカップに入れると、

ほんのわずかな量に見えます。

すると、人の心は

「足りない」と錯覚します。

そして「もっと欲しい」と思うのです。

マジで深い。

なるほどなー。

人の心理って、こうなっているんですね。

■DaiGoの求める満足

 

私は、一度、メンタリストからの引退宣言をしました。

パフォーマンスをすべて辞めて、

テレビ出演もきっぱり断りました。

結果、月収が3万円まで落ちたのです。

その代わり、とてもたくさんの時間ができました。

そこで、私は

「自分は何をやりたかったのだろう?」

「どんなことが好きだったのだろう?」と考えました。

新しい知識を求め、本を読み、

世界を広げていくこと。

それが自分にとって人生の中で一番楽しいことであり、

価値あることだったと思いだしたのです。

衣食住に困らず暮らせて、

好きなだけ本を読めればいい。

これが私にとって、ちょうどいい器でした。

 

■自分の求める満足

私は、正直、目から鱗が落ちそうな

感覚になりました。

あんなにテレビで華々しく活躍されていた

DaiGoさんが考える

ちょうどいい器を知り、

「確かになー」

私が求めているのは、

豪邸暮らしじゃなくて

毎日を穏やかに過ごすことだなーと。

■足るを知る

どんなに稼いでも、

自分が満足できる器を知らないと、

どこまで稼いでも、

「足りない」と錯覚してしまいます。

DaiGoさんのように

衣食住に困らず暮らせて、

好きなだけ本を読めればいい。

ありきたりかもしれないけれど、

私も、今くらいの生活が

とても心地よくて、

特に何かに縛られることもなく

好きな時に、好きなことができる。

これで、十分幸せなんです。

■まとめ

お金の心配がなくなって

幸せに暮らすために

まず必要なことは・・

「自分は何をやりたかったのだろう?」

「どんなことが好きだったのだろう?」

それを改めて考えてみること。

そして、それを実現させるために

どのくらいのお金が必要なんだろうと

「自分の器を知ること」

これが大切なことなのです。