【ESSE9月号の感想】2人目はどうする?ベビーグッツの対処法。

ESSE(エッセ) 2017年 09月号

こんまりさんの誌上片づけレッスンに

こんな質問がありました。

【質問内容】

昨年長女を出産。

まだ予定はありませんが、

2人目を産む時があるかも・・と思うと、

なかなかサイズアウトしたベビー服やオモチャ、

マタニティー服などが捨てられず、

部屋ひとつが物置化しています。

どうするのがベストでしょうか。

■こんまりさんの答え

スペースがあるからといって、

部屋ひとつが物置化してときめかない状態なのは

もったいないですね。

まず、今必要でないものに

どれだけのスペースを割くのがベストなのか、

よく考えてみましょう。

クローゼットのここに入るぐらいまでならいいかな、とか、

オモチャはこのボックス2つ分までなら

置いておいても気にならないなとか、

具体的に。

予定はないとのことですが、

先が見えずにもち続けるのも

ストレスになるものです。

ダンナさまと相談して、

なんとなくの期限を設けるのも、

今後の暮らしをイメージするのに有効。

先にスペースや期限を決めることで、

本当にとっておきたいものを

選びやすくなります。

しまい込まず、量も種類も

把握しやすい収納法でとっておくのも、

ものをムダにしないコツですよ。

■我が家の場合

我が家も、

2人目を考えていたことがありました。

ちなみに、今でも、2人目が

たまたまできてしまっても、

それも神の思し召しだと思っていて

ごくごくゆるい感じで過ごしております。

■2年くらいはとっていた

先日5歳になった息子。

我が家も、息子が2歳くらいまでは

2人目ができるかもしれないと

ベビーグッツやマタニティーグッツを

ほとんど捨てずに、とっていました。

でも、マタニティーグッツは、

2年もすると、

全くときめかないものになってしまいました。

そして、思ったのが、

マタニティー服とか、

今の時代、ユニクロとかでも

代用できそうな、ゆるい服が

安くで手に入るし、

そちらの方が、気持ちが上がるよねと。

■ベビー服

そして、ベビー服も、

息子が着つくして、

洗濯も何度もしました。

なので、やはり、そこには

トキメキはなくなってしまっていることに気づきました。

だから、もし2人目ができた時は、

新しくリーズナブルなベビー服を買ってあげよう。

今は、低価格でも

良い商品が増えてきました。

■抱っこ紐

そして、最後に残ったのは、

抱っこ紐。

これは定価で1万円以上して、

どうしてもゴミ袋に入れる勇気が出ませんでした。

なので、私がとった行動は、

メルカリに出品して、

誰かに使ってもらおうと。

その時のことは、

こちらの記事に書いています。

■最後に

最後の抱っこ紐が

我が家からなくなって・・

我が家には、

マタニティーグッツも

ベビーグッツも全部なくなりました。

あれから3年ほどが経ったわけですが、

今でも、特に後悔していることはありません。

「もしかしたら、いるかもしれない」と

家の中に使わないものが、ずっとあるより

必要になったら、その時「買えばいい」

そう思えるようになって

私は、とても心が軽くなったなと感じます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」