【お金の基本】まず貯めるべきは生活費半年ぶん。

お金のこと

私は、結婚当初

貯金ゼロ、借金500万円からスタートしました。

独身時代は、貯金がないことに対して

そんなに危機感は持っていませんでした。

(バカやろうです。はい。)

でも、結婚して、そのヤバさに

やっと目が覚めました。

それは、二人ともフルタイムで働いているのに、

毎月ほとんど貯金ができていませんでした。

私も30手前で、

いつまでも、この生活が続くとは思っていなかったし、

何より、旦那には、もうそろそろ転勤がやってくることが

分かっていたからです。

■目次

 ▶まず貯めるべきは生活費半年分

 ▶その後に、借金の返済

 ▶その後に、ある程度の貯金

 ▶穏やかに貯金

 ▶最後に

■まず貯めるべきは生活費半年分

結婚当初は、よくできて月3〜4万円の

貯金ができました。

そこで、私が目指したのは、

「とりあえず100万円を貯めよう」

当時は、がむしゃらでした。

貯めのコツとかも分からず、

とりあえず貯めていきました。

今、考えると、この行動は良かったと思います。

それは、基盤である「生活費半年分」を

作り上げることができたからです。

■その後に、借金の返済

生活費半年分が貯まった頃から、

私は、次なる目標である

「借金の繰上げ返済」のための貯金を始めました。

これは、生活費半年分とは別に

「車のローン」と「奨学金」の一括返済をするためのお金。

私は、この頃、テレビ番組で

200万円の腕時計を2、3本ポーンと

八百屋で大根を買うように買っていた人を見た時、

私に、そのお金があれば

今すぐにでも、借金の一括返済をしたいのに!と

唇を噛みしめる思いをした記憶があります。

■その後に、ある程度の貯金

そして、2015年の夏に全額返済をしました。

気がつけば、返済から、1年半が経過しました。

この間に、我が家は、淡々と貯金を進めてきたように感じます。

そして、貯金額は着実に増えていきました。

私は、通帳に書かれた数字が大きくなると

どういう変化があるのだろうか。

通帳に書かれた数字が大きくなると

自動的に幸せになるのだろうか。

大きくなればなるほど、自動的に

幸せになるんじゃなかろうかと思っていたように思います。

そして、それを実際に自らの体験でやってみて

どうなるんだろうと実験していたようにも思います。

■穏やかに貯金

そして、実験結果としては、

通帳の数字は、ある程度の数字を超えたところあたりから

「自分には大きな変化をもたらさない」ということが

分かりました。

ある数字とは、大体30代平均貯蓄額くらい。

「0円→100万円」になるのと、

「700万円→800万円」になった時の感動は、

全く違うものだなと感じました。

だからね、これからは、

穏やかに貯金生活をしていきたいと感じるわけです。

■最後に

お金は、使ったら無くなります。

でもね、宇宙の法則としては、

使ったら、また入ってくるようになっているのです。

ただね、独身時代の頃の私は、

お金の使い方は下手くそだったなと感じます。

だから、この数年間で、

お金のことで、随分と苦労して

私は、お金の使い方が、だいぶ上手になったなと

自分で自分を褒めてあげたいなと思います。

(この苦労は無駄じゃなかったんだよ)

ランキングに参加しています
▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪