自然と貯金ができる人は「こんなことを考えている」

「コップに半分の水が入っています」

それを見て、どう思いますか?

1、もう半分しかないよ

2、まだ、こんなにある

■あることにフォーカスする

なんとなく「もう半分しかないよ」って

思う方が、常に危機感を持って

対処できる人のように感じます。

でも、自然と貯金ができるタイプの人は

「まだ、こんなにある」

「こんなにあって嬉しいな」と感じます。

■意識を注いだものが育つ

同じものを見ても・・

「これだけしかないよ」と思うのか

「こんなにある」と思うのかで

その後の人生は変わっていきます。

人は、意識を注いだものの方が育つんです。

コップに残った水を

これっぽっちかと思えば

「これっぽっち」となるし

こんなにあると思えば

「こんなにある」現実になるんです。

■1万円の貯金

毎月1万円の貯金をするとします。

それを、たった1万円しか貯金ができないと感じるのか

1万円も貯金ができると感じるのか。

これも同じ原理で

「1万円も貯金できる」と感じる方が

貯金は、どんどん育っていきます。

■お金は足りている

今、自分は「お金が足りていない」と感じるのか

「お金は足りている」と感じるのか。

「お金が足りていない」と感じれば

お金が足りない現実がやってきて

「お金が足りている」と感じれば、

お金が足りている現実がやってきます。

■まとめ<あることに感謝する>

「これだけしかない」という言葉には

感謝がありません。

だけど、「こんなにある」という言葉には

嬉しさがあり、喜びがあり、感謝があります。

だから、まずは、

今ある現状を「こんなにある」に

自分の思考を変えるのです。

そうすれば、「こんなにある」現実が

やってくるのです。

この記事を更に深めた記事も書いているよ!

合わせて読んでみてね^^