【モノの量と夫婦関係】

少ないもので生活

私が結婚したばかりの頃、

たぶん28歳とか29歳のとき・・

何気なくテレビを見ていたとき、

モノの少ない生活を紹介している女性がいました。

素敵な家具の上に、

素敵なインテリアが1つ。

引き出しを開ければ

必要であろう、きちんとしたモノが数個。

私は、その番組を食い入るように

見ていたことを、今でもはっきりと覚えています。

その女性の名前は、

「やましたひでこさん」

断捨離という言葉を

世の中に定着させた第一人者。

■当時の私

テレビの中の彼女と

現実の自分。

それは、圧倒的な差。

パッと見は、そんなにモノがないように感じた

当時の2DKは、クローゼットはパンパン。

意味不明な机の上には、

意味不明なモノが置かれ、

引き出しの中も

使っていないモノで溢れていました。

■断捨離

「モノの量なんて誰も見ない」

だから、人生には全く関係ない

昔は、本当にそう思っていました。

でも、スッキリした部屋を見て以来

私も、いつか、あんなスッキリした部屋になりたい。

そう思ってから、

私は、ゴミ袋、何袋分か分からないくらい

これまでに、捨てて捨てていきました。

■結構捨てたは、表面だった

ゴミ袋2、3袋くらい捨てると

自分の中では、かなりスッキリ。

「いやー、私、超がんばったんじゃない?」

そんなの1回や2回じゃありません。

そのたびに、旦那に

「あなたも断捨離しなさいよ!」

言わんばかりに強要。

でも、今、思えば

その当時の私は、まだまだモノが多かったんです。

周りの人に強要するってことは、

まだ自分の中に課題が残っているということだったのです。

■夫婦仲

Z59RZ5SREK

新婚当時は、ラブラブだったけど

結婚数年経った今は、

見る影もない。

そういうのをテレビで

見たり聞いたりします。

でも、我が家は、逆。

新婚当時は、荒んだ表面だけの関係。

よく怒鳴りあいのケンカをしていたけど、

その関係は、

モノの量の減少と、貯蓄額の増加と共に

年々、良くなってきています。

■まとめ<ケンカの原因>

ケンカの原因って、

・お金のこと

・モノが多いことで発生すること

(掃除とかモノの量にイライラ)

・好きなことをやれていない

・人間関係

・子供の教育

大体、こんなところ。

だから、その原因を1つ1つ解消していくこと。

これが、穏やかな暮らしを作っていきます。

モノの量は、まずは自分の物量に

徹底的に向き合うこと。

他人の物量が気になるうちは、

まだ自分の中に課題があります。

モノの課題を解決していくことで

人生の課題も徐々に解決していくものです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」