こんまりさんの片づけをしたら「ときめくモノ」がなかった件。

こんまりさん(近藤麻理恵さん)は、

「ときめくモノ」だけを残していく片付けを

提唱されている有名な方。

■こんまりさんの片付け

・「ときめくモノ」は残す

・「ときめかないモノ」は手放す

これが、こんまりさんの片付けの基本。

でも、これで上手くいかないっていう場合は

こういうことが考えられます。

■「ときめくモノ」がない

それは・・

そもそも、家の中に

「ときめくモノ」がない場合。

↑この記事でも書いたけれど、

私は、長らくの間、自分の持ち物に

強いこだわりがない人でした。

■ほとんどガラクタ

昔の私の持ち物で

本気で「こんまり流片付け」をしたら

おそらく、生活ができないくらい

モノがなくなっていました。

だって、ときめかないモノは

手放すのが、こんまり流だから。

■ときめくモノに変えていく

旦那は、昔から

本当に欲しいと思ったものしか

買ってもらわない、又は、買わない選択をしてきました。

それに対して、私は、

「まあ、これでいいか」

そうやって買っていました。

それって、「まあ、私って、そんなもんだよね」って

自分で、自分に言っているようなもので

自分を低く、低く見ている状態。

<関連記事>

■まとめ<ときめくモノに囲まれる生活>

こだわりのないものに囲まれた生活から

ときめくモノに囲まれた生活になるために・・

やはり、使っていないモノは

どんどん手放していくこと。

そして、次から買うものに

気をつけること。

この時の最大のポイントは

自分の中のケチケチ星人に負けないこと。

値段では決めず

自分の心に従うこと。

心から満足すると

自然と物欲がおさまって

それが、お金に追い回されない生活に繋がっていくのです。