節約ブロガーの髪の色は、黒じゃないといけないのかな?

昨日は、午前中、猛烈に掃除をしていたら

やる気スイッチが入って、隅々まで掃除をして

スッキリしました。

毎日、少しづつ掃除をしていれば良いんだろうけど

冬は、どうしても寒くて、動きが遅くなってしまいます。

さて、タイトルの話ですが、夏は、髪の色は茶色でした。

そして、秋の始め頃に、髪の色をちょっと暗くしようかな~と

思って、ダークブラウンのヘアカラーを買ってきて

自分で染めたら、思いのほか、黒くなって以来

地毛と変わらないくらいの髪の色で過ごしています。

地毛と同じ髪の色でいることの良い点

1.お金がかからない

2.頭皮や毛髪に優しい

良いことばかりである。

髪の色を明るくしたいと思わなければ・・

髪の色を茶色にしたら、数か月後

新たに生えてきた髪との境界線を無くすために

何かしらの対処をしなければいけない。

全くお財布に優しくない話である。

ストイックに節約をしているブログを読むと

ゆる~い私は、もっと頑張らないといけないんじゃなかろうかと

思うこともあります。

でもね、私は、猛烈な節約家ではありません。

どちらかと言うと、貯金が好きな変なヤツって感じです。

なんで、こんなタイトルにしたのか・・

それは、最近ずっと考えていたからです。

で、なんとなく、自分の中で答えが見つかったので

書いておこうと思います。

私の答えは、

髪の色を明るくしたいと思うなら、明るくしていいと思う。

ヘアカラーを買うという、お金がかかる行為が

ネックで、したいと思うことをしない。

それは、「我慢」が伴っている。

「我慢」が伴うとストレスが発生する。

ストレスが溜まると、どこかで爆発してしまう。

女性は、綺麗になりたいという欲望を押さえつけられると

無性に、その願望が増大してしまう。

でも、「どちらでも良いよ」

そういう選択肢を与えられると、

拍子抜けしたように、その願望が落ち着くことがある。

実際、自分に「明るくしたかったら明るくしていいんだよ」

って、言ってみたら、なんとなく落ち着いて

「このままでもいいかも~」なんて気持ちになりました。

その代り、自分で前髪を切ってみました。

私、前髪切るの得意なんですよ。

コツとしては、髪を根元から垂直に引っ張って

ジョリっと、真っ直ぐに切るんです。

すると、普通に戻したときに、自然なレイヤが入って

イイ感じになります。

今までの前髪は、斜めな感じにしてたんですが、

眉毛よりちょっと下まで切って、キチンと前髪を作ってみました。

これだけでも、気分は、随分変わるものですね。

髪の色は、気分に任せて、のんびり考えようと思います。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄