これから家やマンションを所有するのはリスクが大きいと思う件。

お金のこと

どうも、昨日から、喉が超絶に痛いハピコです。

のど飴程度では、太刀打ちできない感じで

どうしたものか・・と思って考えた結果

ロキソニンを服用しました。

パブロン的な、風邪薬では

私は、良くならない傾向があり

病院に行くまでもないという自己判断からです。

とりあえず、薬が効いている間は、

のどの痛みは治まりましたが、

薬がきれる頃には、また痛くなってくるので

昨日の夕飯は、

ニンニク・生姜・長ネギ・ニラなどを

大量に煮込んだ鍋を食しました。

病気の「気」は、気持ちの「気」ということで

気合で、復活したいと思います。

さて、タイトルの話ですが

「月曜から夜ふかし」という番組で

湯沢温泉のリゾートマンションが40万円で

売りに出されているというを見ました。

これは、ちょっと極端な例かもしれませんが

これからの日本は、人口は減るばかりだし

田舎の住宅やマンションを中心に

どんどん安くなっていく傾向です。

実際、おしゃべりな設計事務所の奥さんが

所有している空き土地は、売っても二束三文だし

売るとなっても登記をとるだけで数十万円かかるし

所有しつづけるにしても、税金をとられるし・・

などと言っていました。

田舎に行けば、こんな土地ゴロゴロしています。

こんな話を聞くと、私は、やっぱり

不動産を所有したくないなと思います。

賃貸生活は、身軽で気軽だし

なかなか良いもんです。

私は、気に入っています。

最悪、老後で家を買うとなっても

中古の安い物件を現金で買うと思います。

その為にも、今からコツコツ貯金を頑張ろうと思います。