やりたい事をやっている人が心底羨ましいの呪縛からの卒業☆

幸せな生き方

「やりたい事をやっている人が、心底羨ましい」

たぶん心のどこかで、ずっと思ってきたことです。

特に、この人が!とかっていうのはないんですが、

なんとなく、周りの人の方が楽しいんじゃないのかな?

そんな風に思っていたような気がします。

そして、私の場合、22歳の時点で

400万円の奨学金返済という名の借金を背負って

お金を返すために、絶対に、どんなことがあろうとも

仕事をしなければいけない。

いや、奨学金返済だけのせいではなくて

お金の正しい使い方が、よく分かっていなかった

私が原因でもあるんだけども

今まで、どちらかというと「お金」のために

働いていたような気がします。

「やりたい事」とか「やりがい」とかじゃなくて

「お金」のため。

でも、お金の正しい使い方も、随分わかるようになってきて

借金の返済も、返済しようと思えば

いつでもできるくらいになってきました。

最後の借金である、奨学金返済も残り150万円くらい。

貯金は、既にこれよりも結構沢山貯まってきました。

この5年間、お金の勉強と同時に、色んなことを勉強してきました。

そこで、確信したことがあります。

それは、「人と自分を比べてはいけない」ということ。

私が比べなければいけない相手は

「過去の自分」であるということ。

昨日の自分より、今日の自分の方が

成長しているように頑張ることが大切だということ。

そう思うと、心が、ホッとすると同時に

楽しい気持ちになってきました。

そして、これからは、お金のために

生きるのではなくて、自分のために生きよう。

やりたい事を、ドンドンやっていこう。

やっと、お金の呪縛から、帰途放たれたような

そんな気がします。