お金が欲しかったのではなく、自由が欲しかった。

これからの時代のお金に強い人、弱い人

こんなことが書いてあります。

私はお金を持つためにお金が欲しかったのではありません 。

自由が欲しかったのです 。

自由を買いたいと常に思っていました 。それが重要でした 。

実際 、宝石や立派な時計を今も私は持っていません 。

欲しいのは 、自由だから 。

そして 、投資の仕事が 、私の好きなことだからです 。

■お金と時間

私は、これまでの経験で

・お金も時間もない

・お金はあるけど、時間がない

・お金はないけど、時間はある

・お金も時間もある

この中でも、もちろん一番良いのは

お金も時間もあるのがいいけど、

私は、長らくの間

お金はあるけど、時間がないという期間が

長い傾向にありました。

■好きな仕事

さらに、私は、

自分の気持ちよりも

お金を優先して仕事をしていたので

仕事をしている時の時間が

とても長く感じて

毎日、憂鬱な日々を過ごしていました。

今思うことは

お金が基準で仕事を選ぶと

それは、つまらない人生になるんだなと。

■お金は何とかなる

そして、最近思うことなのだけど、

お金は何とかしようと思えば

何とかなるものだなと。

結局、お金で困るのは

収入に対して支出が多いから。

生活をコンパクトして

支出をコンパクトにすれば

支出を抑えることは可能なんだなと。

■まとめ<好きな仕事をして時間がある>

私は、長らくの間

・好きじゃない仕事をして

・自由な時間が少ない

そんな生活をしていました。

でも、人生において幸せなのは

・好きな仕事をして

・自由な時間が多い

そんな生活が、本当の豊かさなんだろうなと

感じるようになりました。