【押入れ大改造計画】3つのうち1つを洋服専用にする。

少ないもので生活

以前の住居の押入れは、

・1畳が2つ

・0.5畳が1つという間取りでした。

それが、新しい住居では

・1.5畳が1つ

・1畳が1つ

・0.5畳が2つという間取りになり

以前の合計が、2.5畳の押入れが

新しい住居では、3.5畳の押入れとなり

な、なんと、

1畳もの押入れが増えました!

(丸々、普通の押入れが1つ分が増えたという計算)

■洋服専用押入れ

なので、収納が大幅に増えたので

ちょっと贅沢使いをしてみました。

IMG_4168

押入れに、押入れハンガーポールを設置して

クローゼット風に。

■押入れは優秀

押入れとクローゼットって

大きく何が違うかって

「奥行き」だったりします。

大体、押入れは奥行き70センチ

クローゼットは、奥行き50センチ

たった20センチの違いだけど

奥行きが深いと、

・プラスチック製の引き出しも奥行きが深いものが使えるし

・布団も収納することができるし

今回のように、自分でクローゼット風にして

手前に、まだスペースがあるので

プリンタを置くこともできます。

そう考えると、

押入れって、優秀だと感じます。

■まとめ<押入れって素晴らしい>

昔は、押入れって

何だか古くさい感じがして

あまり好きではありませんでした。

でも、団地生活をするようになって

押入れって素晴らしいと感じるようになりました。

昔の人は、押入れに色々なものを収納して

部屋を、

・ちゃぶ台を出してリビングにしたり

・布団を敷いて、寝室にしたり

・全てを片付けて、広いスペースとして使ったり

そうやって、狭い空間を上手に使っていて

それって、本当に理にかなって

素晴らしいなと感じます。