【家計簿】「支出って気が重たい」を治す方法。

長年、このブログの読者様でいらっしゃる方から

メッセージをいただきました!

とても良い内容なので

シェアさせていただければと思います。

今日は3カ月分もためてしまったレシートと向き合って、息子に手伝ってもらいながら(臨時お小遣いを出した 笑)家計簿整理中です。

そして気づいたことなんですが、私は収入の計算をするのは嬉しくて支出の計算をするのが、「あ~~、こんなに使ってしまった」という気持ちで計算していました。

どちらも同じ数字なのに、収入と思うと嬉しくて、支出と思うと気が重くなる。おかしな話ですよね。

でも、ハピコさんブログ読者2年半の私は、支出の計算にも、豊かな気持ちを乗せよう!と気持ちを切り替えることにしました。

まだ半分も終わっていないですが、最後まで豊かな気持ちを忘れず、レシートの山をすっきりさせたいと思います。

メッセージ、ありがとうございます!

■支出は気が重たい

私も、この気持ち

とてもよく分かります。

今月の収入は、コレとアレと・・

そう考えるとウキウキするけど

うへ〜〜・・

また使っちゃったよ・・

今月の支出合計ヤバ〜い。

そんな思考に埋め尽くされそうになります。

■感謝の気持ち

私も、気を抜くと

そういう思考でいっぱいになるのですが、

そういう時って、

感謝の気持ちが足りてないんですよね。

そのお金を支払うことで得ることができた

モノやサービス。

それに対して

「あ〜あ、また使っちゃったよ」

そう思っているということになります。

■自分に入ってくるお金

でも、今使ったお金だって

誰かが使ったから

巡り巡って、自分の手元に入ってきたお金なんですよね。

そのお金の前の持ち主は、

どんな気持ちで、そのお金を使ったのでしょう。

「あ〜あ、また使っちゃったよ」って

思いながら使ったのでしょうか?

それは、神のみぞ知ることですが

本当に「あ〜あ、また使っちゃったよ」って

思っていたとしたら、

なんだか悲しい感じがしてきます。

■お金は喜び

お金って、本当は

喜びの象徴なんです。

このお金を使うことで得られる

モノやサービスをゲットできて

私は、なんて幸せなんだろう!!

その積み重ねが

支出の合計金額なんですよね。

その合計金額を見て

「あ〜、私は何てことをしてしまったんだ」

それは、あまりにも悲しいこと。

だから、本当は

支出の合計金額を見て

私は、こんなに素敵なモノやサービスをゲットできたんだ!

そういうモノやサービスに

しっかりお金を使えること。

そういうことを、幸せなお金持ちは

自然とやっているんですよね。

■まとめ<満足度の高い買い物>

結局、支出の合計金額を見て

「あ〜あ」って思ってしまうのは、

・記憶に残らないような

つまらないモノを買っていたり

・惰性で買っていたり

・安いからって理由だけで買っていたり

満足度の低い使い方をしているんですよね。

支出の明細を見て

そうそう!

コレ、めっちゃ良かったよね!

そんなワクワクした感情になれるような

お金の使い方を心がけること。

それが、真のお買い物上手になっていくのです。