家計簿をつけてる人って、実は少ない。お金が貯まるためのステップとは。

先日から、私の母が応援で来てくれているのですが、

「しょっちゅう、お父さんとケンカばかりしてるのよー」と

娘である私に、色々おしゃべりしています。

その中で、「お父さんに、家計簿をつけろって言われたのよ」と言っていました。

それを聞いて、そうか。お母さんは家計簿つけてないんだと思いました。

スーパーのレジで、私の前で会計をしている母ほどの年頃の女性も

レシートを、そのままゴミ箱に捨てていました。

母は、レシートは貰うけれど、定期的に捨てていると言っていました。

私も、独身の頃は、家計簿なんてつけていませんでした。

というか、つけようとも思っていませんでした。

今、考えると不思議でたまらないのですが、

当時は、家計簿をつけなくても大丈夫という

根拠のない自信で溢れていました。

母は、クレジットカードを使いません。

現金払いか、口座引き落としです。

それなら、まだ分かるのです。

手元にある現金が全てだと思えるから。

でも、今の若い人達のほとんどは、カードを使っています。

独身時代の私も現金とカードを同じくらいのペースで使っていました。

全てが、どんぶり勘定。

でもね、今なら、分かります。

しっかりした家計簿なんてつけなくてもいいから、

一カ月の支出(お金を使った記録)を全部メモでもいいから

残しておくこと。

これが、お金が貯まるための第一ステップだということ。

自分が、どのくらいお金を使っているのか。

現実を知ることが、何より大切。

でも、これが出来ていない人が多すぎると感じています。

これが出来るようになったら、無駄を見つけて

徹底的に削っていく。

固定費は、もちろん。変動費も。

これが、お金が貯まる第二ステップ。

後は、この作業を淡々と繰り返していく。

結局、何が言いたいのかというのは、

お金を使った記録を早いタイミングで残すことは

かなり大切だ!ということ。

毎月一回だけ、大反省会を毎月やっていては

いつまで経っても貯まりませんよ。

今月のスタートから、現時点で

どれだけのお金を使ったか、現状把握しておく。

それが、超余裕なのか、かなりヤバめなのか。

それを「知っている」ということが一番大切だと思います。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄