「人の評価」が気になっていた私。

私の旦那は、実は

2浪して大学に通ったのだそうです。

私は、付き合っている途中で

その過去を知り、

その時、私は、

この人は、随分と苦労をされたんだな。

辛かったろうに・・

それで、別に旦那に対して

どうこうというわけではありませんが、

どちらかというと

「同情」そんな感じでした。

■世間のウワサ話

私も大学に通ったわけですが、

私は、受験する時

絶対に浪人したくない!

その感情がとても強い方でした。

どうして、そんなに強く思ったかというと

影で、

「ハピコちゃん、落ちたらしいわよ」

「あら、可哀想に〜」

絶対に、そんな風に言われる!!

それを想像するだけで

絶対に、そんな風になりたくない!

一番の原動力は、

周りからの目が怖かったんです。

■全く気にしない旦那

だから、旦那も

そんな時期があったのかと思うと

不憫(ふびん)だったね・・

そういう同情の目で見ていて

私は、これまで、

そんな風に思っていたんだよね。

そう旦那に話したら、

なんだか意味がよく分からないという感じで

オレ、恥ずかしいとか思ったこと

一度もないけど・・

それを聞いた私は、

またまた〜、やせ我慢しちゃってと

思ったわけですが・・

何度聞いても、

どうして恥ずかしいの?

とか

影で、そう言われてただろうけど、

それが、オレに何の影響があるの?

そんな感じなわけで、

本当に、旦那は、人の評価とか

全く気にしないんだ・・と感じました。

■周りの評価が怖い

それに対して、

私は、周りの評価が

とても怖いと感じるタイプでした。

それは、とても辛いものでした。

だから、旦那の話を聞いて

確かに、親戚やご近所さんが

影で、どんなことを話そうが

私には、本当は、どうでも良いことだったんだ・・

そのことを改めて感じました。

■まとめ<人の人生ではなく、自分の人生>

私は、長らくの間

周りの目が気になって気になって

自分の感情より

周りの目を優先させて生きてきたんだと感じます。

でも、それって、

自分の人生を生きていないんですよね。

まるで、自分の人生なのに

他人の人生みたいな・・

・人から、どう思われたっていい

・影で、どう言われたっていい

それよりも、自分が

どんな風に生きたいのか

それを優先させて生きることが

一番大切なことなんだなと。