スポンサーリンク

【本】わたなべぽんさん「自分を好きになりたい」の感想。

読んだ本のこと
スポンサーリンク

わたなべぽんさんの「自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと」を

読みました。

わたなべぽんさんの本は

これまでにも何冊か読んできました。

特に、「やめてみた」シリーズは、

単純にモノを捨てるというだけではなく

どういう気持ちで、

どんな風になっていきたいのか・・

そういうことを丁寧に描いていて

大好きなシリーズです。

<やめてみたシリーズの記事はこちら>

■モノを捨てても・・

今回の作品は、

モノを捨てたときは、

物凄い爽快感があって、

新しい世界が広がった気持ちになるけれど

少し経つと

また、どんより気持ちが落ち込む。

その根本的な理由を

丁寧に描いています。

■つらい記憶

ぽんさんの幼少期の記憶。

IMG_5201

FullSizeRender

ぽんさんの幼少期の経験は、

なかなかハードなもので・・

・嫌なこと

・辛いことも

小さい時は、私が全部悪いんだ

私が、我慢したらいいんだ。

そういう思考回路が

私と、ぽんさんは似ているところがあります。

■自分が嫌い

そして、自分のベースの中に

「自分が嫌い」というものがあるから

人間関係も苦手意識があって・・

他にも・・

FullSizeRender

この中の、食べ方に問題があるとか

かなり該当してしまう私・・

■私なんて・・

そして、自分の幼少期の

辛かった経験なんて

テレビで見たりする人より

大した事ではない。

だから、そんなことで

クヨクヨなんてしちゃいけない。

私なんて、あの人に比べたら・・

そうやって、その悲しかったことも

辛かったことも、無視してしまうから

もっと自分が嫌いになってしまうんだな。

FullSizeRender

どんな小さな辛かった経験も無視して、

そのくらい我慢しなさいよ!って

自分で、自分をいじめていたんだなと。

■まとめ<最大の敵は自分>

この本の中で、一番

心にグサリと刺さったシーンはこれ。

FullSizeRender

大人になった今、

自分に一番ダメだしをしているのは

紛れもなく自分だったりするわけです。

過去、どんなに辛いことがあっても

そんなこともあったね!って

ただ、それだけでいい。

そして、自分の最大の味方は

自分であって、

今の自分を、これでいいんだよって

認めてあげること。

こういうことが一番大切なんだなと感じます。


ランキングに参加しています😆
👇ポチッと応援してくれると嬉しいです✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ブログの感想などは
👇インスタのDMで待ってます❤️

ランキングに参加しています😆
👇ポチッと応援してくれると嬉しいです✨
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

ブログの感想などは
👇インスタのDMで待ってます❤️

読んだ本のこと
スポンサーリンク