スポンサーリンク

「本音はできるだけ閉ざして建前で生きる」これが不幸になる方法。

読んだ本のこと
スポンサーリンク

座敷わらしに好かれる部屋、貧乏神が取りつく部屋という本を

以前、紹介したのですが、

貧乏神先生のレクチャーが

あまりにも良すぎるので、ご紹介。

IMG_2529

■貧乏神先生のレクチャー

本音はできるだけ閉ざして建前で生きた方が、

確実に不幸を味わえる流れに向かいます。

本音を外に出すことは、願いや望みを

あっさり叶えてしまう危険な効果が生まれます。

人前では、できるだけ取りつくろって、

いい格好をしてください。

背伸びして、自分をどんどん大きく見せていくのです。

決して弱さや本音をさらしてはいけませんよ。

(略)

本音は隠せば隠すほどに、

何を考えているのかわからない人間になっていきますからねぇ。

人付き合いにおいて、

すれ違いを引き起こし、

関係性に亀裂を生むための最も効果的な方法です。

■人とのかかわり

この前の記事でも書いたのですが・・

この前の記事はコレね↓

人とのかかわりが薄くなると

自然と不幸に向かいます。

それと連動する形で、

モノとのかかわりが薄くなりやすかったりします。

■不幸になるために

IMG_2538

貧乏神先生のレクチャーによると・・

不幸になるには

1、何もしない

2、ものをふやす

結局は、感情もモノも溜め込み

思考を停止させることで

どんどん不幸になっていきます。

■まるで私

正直、貧乏神先生のレクチャーは

私のベースとなる性格が当てはまりすぎて

ザワザワが半端ないわけです。

でも、結局のところ

貧乏神先生のレクチャーは

完全に的を得ているなと

感じずにはいられない。

■まとめ<溜め込まない>

なので、貧乏神先生のレクチャーと

真逆のことをすることが

幸せに近づくわけです。

ここでのキーワードは、

完全に

「溜め込まない」

それは・・

「感情」と「モノ」の両方。

・思ったことは、ちゃんと伝える

・モノは、溜め込まない

この循環をうまく回すことが

大切なことなのです。