「絶対に結婚をしたい!」と思っている女子に是非読んでもらいたい。

幸せな生き方

私は、独身時代、20代のうちに結婚したい。

というか「しなければいけない」

そう思っていたところがあります。

それは、おそらく私だけではなく、

多くの女性が思っていることです。

そして、結婚さえできればいいと思っていたけど

著者であるさるころさんも

その中の一人でした。

内容紹介

人生に、「結婚」は必ずしも必要じゃないのかも! ?

結婚→離婚→事実婚を経験した著者による、「結婚とは何か」を考える自意識系コミックエッセイ。

「30歳までにぜったい結婚したい! しないと! 」と思って

駆け込み三十路婚をした水谷さるころ。

しかし、結婚後の生活は想像していたような素敵ライフには程遠く、

そもそも相手が違っていたのでは……と気づき始め、離婚に踏み切ることに。

ただ結婚しただけじゃダメなんだ…自分がどういう人生を送りたいのか考えないと…と

離婚反省会を繰り返した後、自分なりの幸せ(=子どもがいるバツ一男性との事実婚)に

至るまでの道のりを赤裸々に描いた実録漫画です。

「やっぱり妥協しないと結婚できないのかな…」と迷走気味の女子、必読!

■目次

 ▶結婚したからこそ分かることがある。

 ▶結婚すれば「幸せになる」は幻想

 ▶結婚は、人生の通過点でしかない

 ▶本当の幸せって

 ▶最後に

■結婚したからこそ分かることがある。

さるころさんは、駆け込み三十路婚をされるのですが、

「結婚したい」「結婚したい」

そんな感情で結婚を強引に進めていきます。

いやね、分かるよ。

すごく分かる。

それが、面白おかしく

でも、すごく分かりやすいコミックで

語られていきます。

そして、結婚して気づくのです。

「なんか違う!!」ってことに。

■結婚すれば「幸せになる」は幻想

なんだが、結婚って

幸せそのものです!

みたいな、そういう

おとぎ話的なところがあるわけです。

幸せいっぱいの結婚式をして、

寿退社して、これが「女の幸せよ!」みたいなね。

でもね、その後にも、人生は続いていくのです。

■結婚は、人生の通過点でしかない

さるころさんの場合は、

何にもしなさすぎる旦那さんってとこが

致命傷となるわけなのだけど、

結婚したら、それ以外にも色々と

本当に色々と解決しなければならない

問題が出てくるものです。

夢も希望もないように聞こえるけれど、

やっぱ、結婚って、人生の通過点でしかないんだなと。

■本当の幸せって

1回目の結婚で大失敗をした

さるころさん。

それから、自分を冷静に判断して

本当に自分に合った結婚という形を

見つけ出していきます。

それは、それは、とても現実的です。

でもね、そのくらい現実的で良いと

思うわけです。

結婚とは、見栄とか体裁とかでするものではなくて、

これからの自分の人生をどうしていきたいのか。

どうやっていけば良いのか。

その中に結婚があった方が良いのか

ない方が、むしろ良いのか。

結婚は、他人のためにするものじゃない。

自分のためにするものなのです。

■最後に

いやね、結婚を夢見て

フワフワしていた20代の私に会うことができたら、

是非、読んでもらいたいなと感じる一冊でした。

結婚って、夫婦二人で解決しなければいけないことが

沢山出てきます。

私は、結婚して7年ほどですが、

たった7年でも、本当に色々なことがありました。

それを、共に乗り越えられる人間なのか。

そういうことの方が、結婚って大切なんだと思います。

ランキングに参加しています

▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)

にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪