「それでいい」と思う「貧乏神な自分」と一つ一つ「さよなら」しよう。

お金のこと

私は「それでいい」

「何でもいい」

そう思っていたところが沢山ありました。

それが、常態化すると、

どんどん麻痺してきて、

自分が「それでいい」に囲まれていることに

気づかなくなってきます。

■目次

 ▶自分を下に見ていた

 ▶そのうち自分には価値がないと思う

 ▶貧乏神と一つ一つ「さよなら」しよう。

 ▶「それがいい」に囲まれたい

 ▶最後に

■自分を下に見ていた

お金がないし、「それでいい」

私なんて「それでいい」

そうやって、「モノ」も「食べ物」も「行く所」も

「人間関係」も、それでいい。

別に死ぬわけでもないでしょ。

そうやって、自分を下に下に見ていました。

■そのうち自分には価値がないと思う

そうやって生きていると、

いつしか、自分には、

価値がないと思うようになります。

「それがいい」なんて思っちゃいけないんじゃないだろうか。

さらに言えば、

「それがいい」とすら思わなくなっていきます。

■貧乏神と一つ一つ「さよなら」しよう。

「それでいい」という言葉には

豊かさはありません。

「それでいい」という言葉には、

生き生きとした空気感はなくて、

「それでいい」が集まりだすと、

そこには、貧乏神的な空気感が漂います。

■「それがいい」に囲まれたい

いやね、私は、この数年で

「それでいい」モノや事柄を

徐々に手放してきたわけです。

だからね、結構減ってきた

「それでいい」モノや事柄を

これからは、「それがいい」っていう

モノや事柄に変えていきたいなと。

「それがいい」に囲まれていきたいなと

考えておるわけです。

■最後に

「それでいい」ではなくて、

「それがいい」

モノを、どんどん減らしてきたから

分かってきたこと。

それを、これから少しづつやっていきたいなと

考えております。

ランキングに参加しています

▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)

にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪