4歳の息子のお年玉の使い方は「大失敗」だったそうです。

お金のこと

私には、4歳の息子がおります。

そして、今年じいじからのお年玉として2000円。

私たち両親から1000円。

合わせて3000円のお年玉をゲットしました。

■目次

 ▶初めて「お年玉」を全部使わせてみる

 ▶お菓子を自分で買うという行為

 ▶息子がどうしても欲しいというおもちゃ

 ▶感想は「大失敗」だったそうです

 ▶最後に

■初めて「お年玉」を全部使わせてみる

これまで、息子が貰ったお金は、

息子の預金通帳に入れていたのですが、

4歳となった今年、初めてお年玉を全部

息子に託すことにしました。

写真 2017-01-21 11 23 25

なので、息子のために、

財布を買ってあげました。

■お菓子を自分で買うという行為

3000円というお金。

果たして、息子は、どうやって

お金を使うのだろうか。

というか、初めて自分のお金として

渡されて「お金」と認識することからが

始まりだったようです。

そこで、息子は、スーパーに行った時や

コンビニに行った時に、

お菓子やアイスを手に

「これを買う!」と言って

財布からお金を出して

幾度となく買っていました。

■息子がどうしても欲しいというおもちゃ

そういうことを繰り返していると

あっという間に、お金が減っていき、

気づけば、残金は1200円ほどになっていました。

そして、私と二人でコンビニに行った際、

どうしても欲しいというおもちゃを

「どうしても買う!」と言い張ります。

欲しいと言ったおもちゃはこちら。

写真 2017-01-21 10 52 28

トーマスのおもちゃで、

税込1500円ほど。

ていうか、もうお金が足りないんだよ。

だから、もう買えないんだよ。

ということを教えるのですが、

「どうしても買いたい!」の一点張り。

仕方がないので、足りない分は私が出してあげ、

買ってあげることに。

そして、息子のお年玉は、なくなってしまいました。

※後で、旦那に聞いたことですが、

このおもちゃは、以前からコンビニに行くたびに

「欲しい!」と言っていたのだそうです。

■感想は「大失敗」だったそうです

そして、帰宅して早速おもちゃを開封。

写真 2017-01-21 11 14 16

パズル式の線路の上を

ゼンマイのトーマスが走るおもちゃでした。

それを見て、息子は唖然として、

ガッカリした様子でした。

どうやら、全く別のイメージをしていたようでした。

そして「このおもちゃを買ってどうだった?」と

聞いてみたら、息子は、

「失敗した・・」と答えました。

写真 2017-01-21 11 15 32

■最後に

息子は、初めて「お金で失敗した」という

感覚を感じたのです。

写真 2017-01-21 11 15 54

私も、これまで沢山の失敗をしてきました。

でも、その失敗の経験があったからこそ、

沢山のことを学んできました。

だから、息子も今回手痛い失敗をしたことで

学んだことがあると信じています。

私は、子供が失敗をする前に

全ての失敗の芽を親が抜いてしまっては、

子供は成長をしないと感じています。

(私がそうだったから)

人は、失敗をしてこそ成長をします。

それは、やっぱり自分のお金でしか体験できないこと。

これからも息子には、

沢山の経験をして欲しいなと感じます。

ランキングに参加しています

▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)

にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪