【家計簿】貯まらない原因は「妻」だった。

↑昨日のこの記事

この後、私は、

28歳で入籍して

旦那の給料も合わせて

家計を管理するようになりました。

■頑張って貯めるぞ

旦那の通帳もカードも預かり

「私、頑張って管理する!」と

意気込み、家計簿をつけるようになりました。

10円でも、50円でも安くなるように

スーパーで安いものを買い

特売の時は、

買いだめをして、

旦那が、トイレの電気をつけっぱなしの時は

「なんで、電気つけっぱなしなのよ!」と

カンカンに怒ったりして

お金を貯めようと頑張りました。

■貯まらない

私も旦那も働いているし

子供もいないし

節約だって、頑張ってやってる!

それなのに、なぜか

ほとんど貯まらない。

なぜだーーー

■貯まらない理由

でも、家計簿をつけて

やっと、理由が分かりました。

それは、

・無駄な保険に入っていて

保険料が、めちゃ高かったっていうのもあるし

・車のローンと奨学金返済が

ボディブローのように響いているっていうものあるし

・良かれと思って、まとめ買いしたけど

結局、使いきれず

食品ロスをしていたっていうものあるし

・「ああ、もう今日は面倒だから

外食でいいか」って二人で

普通の晩ごはんを、外でしょっちゅう食べていたのもあるけれど

・予想以上に、妻である私が

普段、節約頑張ってるし、いいかって

100円の節約に対して

4000円の洋服を買ったり

ふらっと立ち寄ったドラッグストアで

新作のコスメも一緒に買っていたり

そういうチリツモの金額が

バカにならないことになっていたという現実。

■自分で気づく

私は、自分で家計簿をつけて

その真実を目の当たりにして

旦那の電気つけっぱなしに対して

あんなに怒鳴り散らしたことを反省しました。

トイレの電気なんて

一晩つけっぱなしでも

たかが知れているのに

自分のことは棚に上げて

あんな険悪ムードをつくってしまって

お互い嫌な思いになったなって。

■まとめ<方向性を見直す>

お金を貯めようとすると

つい、目の前の食費とか光熱費を

抑えようと、がむしゃらになりがちですが

それは、小手先の

表面的な話なんだなと。

それよりも、もっと根元の固定費

・家賃とか

・保険料とか

・ローン返済とか

・通信費とか

そういう根元の金額に

手を突っ込んであげたほうが効果が高いし、

ストレスを溜め込んで

そのストレスを発散しようとするための

知らないうちに使ってしまっていたお金に

目を背けずに、しっかり向き合ってみるとか。

(そもそも、なんでストレスが溜まっているのか)

そういうことの方が

大切だなと。