もし、私が独身女子に戻ったならば・・

↑この記事で

10年前、私が27歳のとき

どんな家計だったんだろう・・と

ふと思いまして。

■家賃5万円

私は、27歳のときは

福岡で一人暮らしをしていて

手取り22万円くらいでした。

福岡って、家賃が安いんですよ。

だから、結構良い立地で

まあまあの物件だったけど

家賃5万円でした。

で、何処へ行くにも

自転車で行っていて

交通費も、ほとんどかかっていませんでした。

■当時の家計

当時27歳、独身女性の家計は

こんなんだったなと。

手取り22万円

家賃:5万円

光熱費:1万円

通信費:1万円

奨学金返済:1.7万円

食費:3万円

小遣い:10万円

合計:21.7万円

おい!って

ツッコミどころ満載ですね!

■ただ生きていくだけの金額

でも、

・奨学金返済と

・小遣いがなければ

家賃:5万円

光熱費:1万円

通信費:1万円

食費:3万円

合計:10万円

最低限の生活であれば

本当は10万円で、生きることができたんだな。

こうやって、考えてみたら

生きていくのって

そんな大変なことでもないんだなと。

(私にとってみたら、後の祭りだけど)

当時は、本当に

お金がないって思っていたな。

■ワンランク上

小遣い10万円って

めっちゃ多い感じもするけど、

5万円のコート買って

1回4000円の飲み会に10回行けば

そこで、合わせて9万円。

ほんと、あっという間に

なくなってしまいました。

当時は、本当に

心が、とっ散らかっていて・・

散々やらかしてきたから

やっと、30代になって

客観的に自分を見れるけど

当時の私は、

なぜか「ワンランク上」を目指すみたいな感じだったな。

別に「ワンランク上」なんて

目指さないでも良かったのに。

■まとめ<焦らない>

20代の私は、

常に、焦っていました。

幸せな結婚をする友人もいれば

私よりバリバリ働いている友人もいて・・

私は、このままじゃダメって思って

焦っていたな。

もっと綺麗になれば幸せになれるような気がして

衣服や、化粧品を買い

もっと残業をして

頑張れば、幸せになれるような気がして

ストレスを溜め

でも、別に、

そんなに焦らないでも良かったかな。

もっと、自分らしく

ほんわりとしていられる所に

もっと行けばよかった。