楽しみに金のかからない人間が一番裕福なんだ。

何もない部屋に友人を招こう。

そして、パンを一緒に焼き、ふくらむ様子を見ながら会話をしよう。

モノやお金がなくても、豊かに暮らせる。は、

大量生産・大量消費社会で暮らす私たちに、

モノを持たず、お金を使わなくても、豊かに暮らせる方法を教えてくれます。

必要以上にモノを求めなければ、必要以上に働く必要はない。

本当に必要なモノを手に入れるための労働は、楽しいものである。

貧しくなることを恐れて懸命に働くよりも、

徹底的に金を稼がなくてもいい生活に切り替える。

周りの人と同じようなモノを持ち、

同じような生活をするために、人は、せっせと必要以上に働いている。

それこそが正しくて、それこそが幸せであると。

しかし、ほんとうの豊かさとは、そんな薄っぺらいものなんかじゃない。

楽しみに金のかからない人間が一番裕福なんだ。

必要最低限のものしか持たず、本当に健康に必要なものを、

必要な分だけ食べるだけなら、それほど働く必要はない。

ケチケチ生活をしようぜ!と言っているわけではなくて、

ほんとうの豊かさとは、がむしゃらに働いて、高価なモノを買うことではなくて、

自然の中で、鳥の声を聞いたり、ボートの上で静寂を楽しむ方が

ずっと人間らしくて、豊かなんだよ。

貧しくなりたくないと思うから、必要以上に働いて、

必要以上のモノを持って、家を買って、自分をがんじがらめにするから、

また、さらに必要以上に働かなければいけなくなるんだよ。

だからね、まずは、必要以上のものを手に入れようとすることをやめるんだよ。

私は、この本を読んで、「自分は、どの方向に向かって進んでいるのかな?」と

物凄く考えさせられました。

「楽しみに金のかからない人間が一番裕福なんだ」

この言葉は、私の心にグサリと刺さりました。

↓色んな方のブログが、とても参考になります。

にほんブログ村 家計管理・貯蓄