資格はお守り

今朝、旦那が仕事に行く直前になって

「腕時計がない!」と言って探していました。

置いているだろう場所を全て探してもなかったので

仕方なく、腕時計なしで仕事に行きました。

どこいったんだろう。

↓そして夕方になって見つかりました。

tn

息子の愛車、アンパンマン号の中。

彼は、気に入ったものを、この中に入れる習性があります。

さて、今日は、私が、資格を取った時のことを考えていました。

私の友人は、3人に1人くらいの確率で結婚していません。

美人であるとか、性格が良いとか、色々な事情があるんでしょうが、

私は、良縁に恵まれていないだけだと思っています。

私は、運よく結婚することができていますが、

良縁に恵まれていなかったら、私だって、

未だ独身貴族を謳歌していたかもしれません。

学生時代、特にモテるタイプでもなかった私は、

もし一生、独身だったら、どうしよう。と思い悩んだ末、

手に職をつけることが一番と思いました。

そして、建築学科の大学を卒業して23歳の時に

働きながら、2級建築士の資格を取得しました。

決して、朝飯前な感じで取得したわけではありません。

それなりに、キツい思いをして、やっとこ取った感じです。

この資格を取ったおかげで、今まで随分助けて貰っています。

25歳の時に、転職するとき。そして、今の仕事も、この資格があるから

雇って貰っているようなものです。

お金を沢山持っていることは、精神的に余裕を与えます。

それと同じように、これからも、資格とこれまでの経験があれば

どうにか生きていけるんじゃないかと思っています。

転勤族な我が家ですが、まだあと6年くらいは

ここに居そうなので、稼げるうちにしっかり貯めておこうと思います。