学校で教えてくれない、お金の勉強。

貯金ほぼゼロだった時代って、別に貯金という単語を

知らないわけじゃないんです。

おそらく、貯金をした方がいいんじゃないだろうか?と

いう知識くらいはあるんです。

でも、どうやったら貯まるとかが、分からないんです。

はっきり言うと、先取り貯金って単語を29歳の時に知りました。

そのくらい、貯金というものの優先順位が低かったんです。

貯金がない生活が、当たり前なので、

それが自然なかたち。

どうして、自分に貯金がないんだろうとか

考えることがないんです。

そして、貯金ができるようになった今だから

思うことなんですが、

どうして、もっと早い時期から

貯まる生活をしていなかったんだろう。

高い授業料だったと思え!とかって

フレーズがありますが、

まあ、そう思わないとやってられないって感じです。

世の中の人は、お金の勉強とか

本当に、どうしているんだろう。

私の場合、「貯金はしておきなさい」と

親に言われたけど、具体的な方法とかは

特に教えて貰ったことありませんでした。

貯金がない状態の私でも、普通に生活できているんだし

周りの人も、お金の話なんて、ほとんど話題にしないし

きっと、みんなも貯金なんてないんだろう。

くらいにしか思っていませんでした。

27歳の時に、20代女性の貯金データの円グラフを見るまでは・・

そのグラフを見たとき、

「なに!?みんな、何気ない顔して

結構、貯めこんでるのね!」

それから、貯めないと!という意識が強くなっていきましたが

結局、お金の話をバンバンできる人って、

私の周りには、ほとんどいなくて

具体的な方法が、わからないんです。

お金の話を友達の前でバンバンしたら

絶対、変なやつです。

私が、ここまで貯められるようになったのは、

本とブログを真剣に読んで、実践してきたから。

結局は、よほど親が、お金に対して教育熱心でもない限り

お金の勉強は、自分でコツコツしなければいけない。

そして、お金は生きている限り、ついてまわる問題なので

この世にいる限り、お金の勉強を、ずっとしていかなければいけない。

自分に合った、最良の方法。

私も、まだまだ勉強中です。