【ミニマリスト】ティッシュは、1カ所で大丈夫。我が家のティッシュの状況を紹介します。

少ないもので生活

ティッシュやゴミ箱って、全部の部屋にあるものだと思っていました。

それは、実家のそれぞれの部屋にティッシュやゴミ箱があったからです。

それは、一切の違和感なく、ごく自然に・・

だから、私は、それが常識だと思っていました。

だって、そっちの方が便利じゃない。

手が届くところに、ティッシュやゴミ箱があれば、

ちょっと鼻をかんで、ポイっと捨てられる。

実家に帰れば、未だに私は、そういう生活に

戻ることが出来ます。

実家には、食卓テーブルの上や、キッチンの調理台に

平然とティッシュありますが、それは、やっぱり、

その周りにモノが、多いから

何の問題もなく感じます。

モノがモノを呼ぶのか。

1つモノがあれば、「まあ、いいか」の気持ちで

ティッシュの周りに、読みかけの資料、

読みかけの新聞、ペンなど、こまごましたものが

集まってきます。

私は、そういう環境で育ちました。

だから、私も一人暮らしを始めた時は、

食卓テーブルの上にティッシュを置いて、

その傍らに、カゴ製のゴミ箱にビニールをかぶせて

過ごしていました。

ティッシュを、どうにかしたいと思うように・・

でもね、モノが減ってくると、

ティッシュの存在って、結構、大きく感じるのです。

何にも置いていない、食卓テーブルの上に

ティッシュが置いてあると、物凄く違和感を

感じるようになってきます。

どこかに、しまいたくなる衝動にかられるのですが、

自分一人なら、それでも問題はないのですが、

そんな感情を持ち合わせない家族からしたら

大迷惑なわけです。

その頃に、楽天で見つけたティッシュカバーが、

その複雑な感情をかき消してくれる。

そんな気がしました。

ティッシュカバーを購入して4年が経ちました

あれから、あのティッシュカバーは、

現在、バリバリの現役で、活躍してくれています。

image

少し前まで、息子に言葉が通じなかった時には、

いたずらばかりするので、高い所にかけていましたが、

最近では、息子も3歳になり大体言うことを聞くようになったので、

息子も手が届く所に、かけてあります。

ここにかけておけば、息子も必要なときに

必要な分だけ、引っ張り出して使っています。

安い割に、しっかりした作りで、

お客様が来た時も、ちっとも恥ずかしくなく

使うことができるし、

やっぱり、何よりも「掛けられる」

これが、部屋がスッキリするポイントだなと感じます。

私が買ったティッシュカバーの詳細はコチラ→【送料無料 楽天1位】PVCレザー ティッシュボックスケース