【鳥取県大山】山の中にある可愛らしいパン屋さん「酵母パン小さじいち」に行ってきました。

旅のような人生

私は、転勤族の妻でして、今、住んでいる所も

自分の選択では絶対に選ばないような田舎。

転勤が決まったときは、「どうして、そんな田舎に・・」

そう思っていたのですが、落ち込んでばかりでは、つまらない。

むしろ、その環境を逆手にとって

楽しく、日本全国を旅していると思えばいいじゃないか。

そう、気持ちを切り替えてからは、

今、住んでいる所を拠点に、色んな所や

色んなお店に行きたいと思っています。

<今までに入った所>

【鳥取智頭町】天然酵母パンが美味しい「タルマーリー」訪問。

お金を使う時は、使う!旅のような人生を楽しんでいきたい【鳥取智頭町】喫茶のどか訪問。

 

参考にしている本

そうは言っても、どこに何があるのか分からない私が、

参考にしている本は、新版 山陰旅行 クラフト+食めぐり

この本は、るるぶ的な、観光地ではなくて、

窯元をはじめとした作家の工房・アトリエ、雑貨店、ギャラリー、

カフェ&喫茶店、パン屋、そしておいしい食事処から宿泊施設まで

知られざる山陰エリアの見どころが集まっています。

私は、こういうのが大好物。

ここにいる間に、出来るだけ色々な所に

行ってみたいと思っています。

コウボパン 小さじいち

本の中に、コウボパン 小さじいちを紹介したページがあります。

image

一度、ココに行ってみたいと思っており、

週末、行ってきました。

大山の山道を、ひたすら車で走りつづけると、

ポツンのたたずむ一軒のパン屋さん。

image

本の紹介通り、可愛らしいたたずまいで、

私たち以外にも沢山のお客さんが来ていました。

image

image

image

店内に入ると、パンのいい匂いがしていました。

image

image

image

image

我が家もバケットなど、2、3個買って帰りました。

食べるところも良さげでした

パン屋さんに隣接する、食べるところもあって、

ここも良さげでしたが、私たちが行ったときは、

満席で、結局食事はしなかったのですが、

酵母パンがおかわり自由のメニューもあって良さげでした。

image

image

小さじいちのパンについて

パンを買ったときに、パンの紹介をした紙が入っておりました。

image

<この紙に書いてあったこと>

鳥取県大山の標高300メートルのところで

自然の酵母を自家培養してパンを焼いています。

大山の冷たい地下水を使って

山の空気で自然酵母を発酵させて国産全粒粉をたっぷり使った

余計なものが入らないしっかり噛めるパン。

直火の石床で窯で焼き上げます。

何もない山の中のパン屋ですが

山が見えるデッキと海が見えるデッキがあります。

どうぞごゆっくり。

image

地方発送もやっているようです。

image

【お店の詳細】

コウボパン 小さじいち

鳥取県西伯郡伯耆町金屋谷1713-1

TEL:0859-68-6110

11時~16時 (定休日 日曜・月曜・火曜)

1月~3月は店舗休業

新版 山陰旅行 クラフト+食めぐり(Amazon)

新版 山陰旅行 クラフト+食めぐり(楽天)