過度に節約をすると「自分は、お金を使ってはいけない」と思うってしまう「その5つの解決方法とは」

節約は、とても大切です。

そして、無駄を省くことも大切です。

でも、過度に節約をすると、

「自分は、お金を使っても良い」存在だと思わなくなります。

なんとなく、自分より「お金」の方が大切だと思ってしまう。

だから、私なんかが「お金」を使っても良いものか。

そういう思考回路になってしまいがちです。

自分より「お金」の方が大切だと思ってしまうことによる弊害

1円、2円を大切にすることは大切ですが、

お金より大切なのは「自分」です。

お金は、自分や周りの人を幸せにしてくれるアイテムであって、

決して、自分より大切な存在ではありません。

でも、毎月を自転車操業で走っていると、

周りが見えなくなって、「お金の奴隷」になってしまったり、

真面目に頑張りすぎてしまい、今の自分を

大切に出来なくなってしまうことは

とても悲しいことです。

回避するための5つの方法

そうならないための5つの回避方法とは・・

  1. ローンは極力組まない
  2. 固定費削減に、取り組む
  3. お金を得られる努力をする
  4. モノを減らす
  5. 自分は、お金を使って良い存在だと分かる

ローンは極力組まない

ローンを組んでしまうと、完済するまで、

見えないちからで束縛されてしまいます。

毎月これだけの返済があるということは、

それだけ家計も圧迫してしまうし、

自分より「返済」を優先させようとしがちです。

だからこそ、極力ローンは組まない。

キャッシュで支払いを済ませることは、

お金と対等な立場でいられます。

固定費削減に、取り組む

家賃・保険料・通信料など、

一度手続きをすれば、その後、長く効果を得られる

固定費削減。

私も、時間はかかりましたが、

色々、勉強したり調べたりして

削減してきました。

一度、自分の中の「当たり前」を考え直すことは大切です。

お金を得られる努力をする

世帯収入が低過ぎて、やはり固定費削減だけでは

厳しい場合、やはり、もう少しお金を得られる努力が必要です。

我が家も、旦那の手取り20万円以下なので、

私も、お金を得られる努力をしています。

でも、支出を見直した後なので、以前ほど

お金に苦しいという感情はありません。

こういうのは、やはりコツコツ積み上げていくことが

大切なんだと思います。

モノを減らす

モノは、元々は、「お金」だったのです。

どういうことかというと、モノは、お金と交換したから、

今、部屋の中にあるのです。

だから、モノは、元々「お金」なのです。

部屋の中が、モノで溢れているという場合、

お金が「モノ」のかたちとなって、そこにたたずんでいるのです。

そして、モノは、「モノ」を呼び寄せる能力があるので、

モノを減らす必要があるのです。

ちなみに、お金には、「お金」を呼び寄せる能力があるので、

極力、モノではなく、「お金」を手元に置いておくことが

お金から好かれる方法です。

自分は、お金を使って良い存在だと分かる

そして、これが一番大切なことなのですが、

「自分は、お金を使って良い存在だと分かる」こと。

過度な節約をしすぎると、「お金を使っちゃいけない病」にかかり、

その症状は、本当に欲しいと思うものまで

ブレーキをかけてしまいます。

せっかく、お金を貯めたのに、「お金を使っちゃいけない病」のせいで

諦めてしまったり、それと似た様なモノにすり替わったりしてしまいます。

それでは、今までの努力が無駄になるばかりか、

逆にストレスが溜まってしまいます。

「自分は、お金を使って良い存在なんだ」

「欲しいものは、手に入れてもいいんだ」と思うことは、

「幸せな自分」に繋がっていくのだと、私は思います。