【お金の出し入れが多い人はお金が貯まらない】ATMに行く回数を減らす方がお金が貯まる。

お金のこと

ホンマでっかTVという番組で「お金の貯め方」の特集をやっていました。

その中で、「お金の出し入れが多い人はお金が貯まらない」ということを

言われていました。

どういうことかというと、通帳の入金・出金履歴を見た時、

数千円単位の出金の回数が頻繁だった人が、破産しやすいということでした。

ATMに行く回数が多かった私

私も、独身時代は、こまめにATMに行って

数千円単位のお金を引き出していました。

それは、沢山のお金を引き出すと、すぐに全部使ってしまうから。

そう思い込んでいたのかもしれません。

だから、お財布の中には、いつも1万円以下。

お金がなければ使わないと思いきや、

ショッピングをしていたら、ディスプレイしてある服に吸い寄せられて

クレジットカードを取り出して支払い。

そんなことを繰り返していました。

結局、お財布にお金がなくても使ってしまい、

いつも貯金がありませんでした。

そもそも、お金を使っているから貯まらない

お財布にお金がなくても、買い物ができてしまう現代。

世の中は、お金を使わせようとするトリックで溢れています。

そして、お金が貯まらない根本的な原因は、

「収入と支出の金額が同じだから」もしくは、

「収入より支出の金額の方が多いから」これに尽きます。

そもそも、お金をたくさん使っているから貯まらないのです。

でも、自分では、使っているつもりはない。

できる範囲で節約しているつもりだ。

それが、お金の使い方を更に難しくしているのです。

ATMに行く回数は減らすべき理由

頻繁にATMに行っていた独身時代。

そして、月に一度程度ATMに行く現在。

どちらが、お金が貯まっているかといえば、「現在」です。

そして、一度に引き出す金額は、10万円以上。

普通に考えると、こまめにATMに行った方が良さそうですが、

一度に10万円以上引き出す方が、自然とお金が貯まっていきました。

それは、私が生活している中で、10万円以上のお金を一度に使うことはありません。

ということは、「私は、自分が生活している範囲で手に入らないものがないんだ」ということ。

でも、財布の中が1万円以下なら、手に入らないものが沢山あります。

人間手に入らないと思うと、自然と購買意欲が上がっていくものです。

でも、「自分は買うことができるんだ」この感情は、

「モノ」と「自分」の上下関係を変えることができます。

お金を大切に扱うということ

「独身時代」と「現在」で、この他に大きく違う点が

もう一つあります。

それは、お金をどう扱っているのかということ。

独身時代は、財布の中に向きがバラバラのお札と一緒に

ポイントカードやレシートでごちゃごちゃ。

現在は、お札の向きを揃えて、お金と必要なカードが数枚の

スッキリした財布です。

ハッキリ言って、昔と今では、お金に対する扱いも感情も

全く違います。

お金を大切に扱おうという気持ちで溢れています。

だから、お財布の中に、お金が沢山入っていても、

雑な扱いをして、どうでも良いことに使ってしまうということが

ほとんどありません。

そういう積み重ねが、やがて大きな差となって現れるんだと

私は思います。