スポンサーリンク

【途中でやめたら「もったいない」と思う】これが、お金が貯まらない。

お金のこと
スポンサーリンク

marigold-1493160_640

ホンマでっかTVという番組の「お金が貯まる」特集で

こんなことを言っていました。

「途中でやめたら、もったいないと思って止められない」のは、

お金が貯まらない。

どういうことかというと、例えばシリーズの本で、

全巻集めて、何かモノを作っていくというものがあります。

そういうもので、本当は途中で飽きてしまっているのに、

もったいないから止められないということがあります。

でも、本当は、気持ちが飽きてしまっているのに、

「もったいない」という気持ちで続ける方が、

「もったいない」んだということ。

「お金」と「自分」どちらが大切なのか

この事例は、ものの考え方が、「お金」にあるのか、

「自分」にあるのかということに繋がっていきます。

「途中で止めたら、もったいない」と考える場合、

考えの軸が、「お金」にあります。

これまでの「お金」が勿体ないと考えることの延長に

「途中で止めたら、もったいない」ということになります。

でも、考えの軸を「自分」に置き換えた場合、

「気持ちが飽きているのに、続けることが勿体ない」ということになります。

過ぎてしまった時間とお金に目を向けるのではなくて、

これからの時間とお金に目を向ける。

こういう考え方って大切だなと感じます。

切る練習は、お金にも通じてくる

こういう「切る」練習は、株などの損切りにも生かされてくるのだそうです。

株などでマイナスが出ている時、いかに自分の気持ちに

かたをつけて損切りができるか。

普段から、「切る」ことができることが、

こういうシビアな場面で生きてくるのだそうです。

「お金の使い方」と「時間の使い方」

この他にも、お金を支払って映画館で映画を見ていて、

30分で「つまらない」と思った場合、

そのまま観続けるのか、途中退場するのかという話で、

「途中退場」する方が、お金が貯まりやすいということを言われていて、

私は、これが出来る人は、本当に自分の時間を

大切に出来る人なんだろうと感じました。

つまらない映画をダラダラと見るのか、

スパッと見切りをつけて、新しいことを始めることができるのか。

こういうことが普段から出来る人が、

ビジネスの社会において成功するんだろうなと感じました。

考え方を知っておくことは大切

私は、お金持ちの人が、どうしてお金持ちになれたのか。

そういうことを知っておくことは、大切だと考えています。

お金持ちになる人は、普通の人と、行動や考え方が違います。

違うからこそ、お金持ちになっていくのです。

だから、自分は、まだお金持ちではなくても、

お金持ちの行動や考え方を知っておくことは、

将来、自分が豊かになるためには必要なことだと感じています。

物事に対して、見切りをつけられるちから。

私も伸ばしていきたいです。