【ご質問への回答】妄想したりイメージするコツや得られる効果。

幸せな生き方

どうも、ハピコです。

先日、このようなご質問を頂きました。

ありがとうございます!

質問の文章を読んで感じたことは、

何か一つの対象物に対して、色々な感想があるんだなということです。

自分の中で、常識なことであっても、

他の人からすると非常識であって、

でも、私の常識を発信することで、

それを読んでくれた方が、何かの発見であったり、

気持ちが軽くなったり、人生が楽しくなることがあるのならば、

それは、とても幸せなことだなと感じます。

人の才能は変えられない

先日、イケダハヤトさんのブログにこのような記事がありました。

才能と努力について整理する:上位1%を超えた世界から「才能」が関わってくる

内容を簡略化しますと・・

「風鈴」を思い浮かべてください!

そう言われて、どんなシチュエーションが思い浮かびますか?

リアルに「チリーン」という音と、「しーわしーわ」というセミの声が再生されましたか?

それとも、すんごいリアルに、絵はがきのような風景が思い浮かびましたか?

ちなみに、イケダハヤトさんは、リアルな音だけが再生され、

映像は超適当なのだそうです。

それに対して、イケダハヤトさんの奥さんは、

音は再生されず、風鈴の模様まで見えるような鮮明な映像が思い浮かぶそうです。

これは、聴覚優位が強い人は、風鈴の音を思い浮かべ、

視覚優位が強い人は、映像を思い浮かべるからだそうです。

ちなみに、私は、「風鈴」と聞いて、音も映像も

思い浮かべることができるタイプです。

私の風鈴

私が「風鈴」と聞いて思い浮かべるのは、

田舎の古民家の縁側に、スイカとうちわと蚊取り線香のブタがいて、

子供達が麦わら帽子をかぶって虫取りをしていて、

「ミーンミンミン」とセミの音がする中に、

「チリンチリーン」と心地いい音がしてきます。

風鈴の模様は、透明のガラスに青い柄が入っていました。

みんな違って、それがいい

「風鈴」

たったこれだけの単語で、人が思い浮かべるものは、

随分と違うものです。

これは、生まれ持ったその人の才能であって、

それを変えることは、不可能なのだそうです。

聴覚優位の人に、視覚優位になれと言っても

それは、出来ないし、やろうとすればするだけストレスが溜まります。

私は、みんな違って、それでいいと思っています。

イメージは、それで正解

「ハワイ」と聞いて、波の音だけがリアルに再生される人もいるし、

穏やかな波の映像がリアルに再生される人もいるし、

その両方が、再生される人もいます。

それに間違いはありません。むしろ、それでいいんだと思います。

心地よい波の音を妄想して楽しむのも素敵だし、

穏やかな波に足をつけて遊んでいる映像を妄想するのも、

とっても素敵です。

妄想によって、得られる効果

イメージした映像が、自分にとって、

心地が良いものなのか、それとも心がキューっと痛くなるのか、

それは、その人の直感であって、

その直感は、どんな論文より正確なのです。

だから、その状態になると、自分がどんな気持ちになるのか、

それを人生の大きな指標にして進んでいけば、

遠回りせず、目的地にたどり着くことができます。

自分の長所を生かし、自分が心地が良いと思えるところで

楽しく生きていく。

これが、幸せに繋がっていくのだと、私は思います。