この歳になってジブリの「耳をすませば」について改めて考える。

面白かった映画の話
【発売中です♪】
お知らせの記事はこちら。

 

楽天はコチラ

アマゾンはコチラ

 

ジブリに「耳をすませば」という作品があります。

 

<ストーリー>

月島雫は、明るく読書好きな女の子。中学3年になって、周りは皆受験勉強で一生懸命なのに、いつも学校の図書館や市立図書館で本を読みふけっていた。雫はある日、図書館の貸し出しカードに「天沢聖司」という名前を発見する。雫が読む本には必ずといっていいほどその名前があった。やがて、雫はひとりの少年と出会う。中学を卒業したらイタリアへ渡って、ヴァイオリン職人の修行をしようと決意している少年。その少年こそが「天沢聖司」であった。雫は聖司に惹かれながらも、将来の進路や未来、そして自分の才能にもコンプレックスと焦りを感じていた。やがて、雫は聖司の生き方に強く心を動かされ、聖司の祖父・西老人が経営する不思議なアンティークショップ「地球屋」にあった猫人形「バロン」を主人公にした物語を書き始めるのだった…。

■目次

私が中学生の頃の感想

社会が作ったレール

あの後、天沢聖司はどうなったのだろうか

好きなことをやる人生

最後に

■私が中学生の頃の感想

私が初めて「耳をすませば」を見たのは、

中学3年生の頃。

まさに、主人公の「月島雫」と同じ年齢でした。

当時は、どちらかと言えば、恋愛的要素ばかりが

印象的で「キュンキュンするー」といった印象が強かったです。

■社会が作ったレール

主人公の雫は、自分の才能を見極めるために

必死で小説を書き、最終的には、

高校受験をするという選択をします。

なので、当時の私は、やっぱり高校受験をすることが

良い道なのだと感じました。

というか、周りもそうだしね。

■あの後、天沢聖司はどうなったのだろうか

しかし、中学を卒業したらイタリアへ渡って、

ヴァイオリン職人の修行をしようと決意している「天沢聖司」

彼の選択は、当時の私からしたら

カルチャーショックすぎて

意味が分からなかったわけです。

「何!?高校に行かないわけ?」

■好きなことをやる人生

当時は「そんなバカな!?」としか思わず

ただただ意味が分かりませんでした。

でも、彼は「好きなことをやる」という意思が

既にあったわけです。

当時の私は、良い学校に行って

良い会社に入ること。

これが最も良いことだと

信じていたのですが、

この歳になって思うことは、

「そればかりが人生ではない」ということ。

■最後に

良い学校に行っても、

必ずしも良い会社に入れるわけではないし、

良い会社に入っても、

必ずしも順風満帆ではないわけです。

それならば、早い段階で、

自分が好きなことを突き詰める人生があっても良いのだな。

当時の私には、全く理解ができなかったけど、

最近になって、そういうことが

ようやく理解できるようになってきました。

社会が作ったレールは、

社会にとって都合が良いようにできていて

それに乗らない人生という選択肢もあってもいいよね。

こういうことが、20年前の私にも

理解ができていれば、

人生、もう少し違ったのかなと思います。

【発売中です♪】

 

楽天はコチラ

アマゾンはコチラ