母は「私が奨学金を借りた理由すら忘れていた」

お金のこと

先日、母から電話がありました。

話の内容としては、本当に他愛もない内容で、

叔父が私の本のことを地方新聞のコラムに応募したら

掲載されて、それを読んだ母の友人から

その話を聞いたといった内容でした。

■目次

 ▶ところで「何で奨学金を借りたんだっけ?」

 ▶あまりの衝撃で言葉にならなかった

 ▶もう怒る気持ちにもならない

 ▶人の記憶なんて曖昧なものだ

 ▶最後に

■ところで「何で奨学金を借りたんだっけ?」

その話の中で、私が奨学金を借りるに至った経緯を

母は、すっかり忘れているようで、

私は、奨学金を小遣いのために借りたと

今まで思っていたというのです。

私が何百万円ものお金を借りるに至ったのは、

母が「奨学金を借りないと学費が払えない」と言ったからでしょ。

だから、半年ごとに、お金を渡していたじゃない。

そう説明したら、

「そうだったかな。ごめん、ごめん」

でも、それをハピコは全額返済したんだねー

偉いねー。そんなことを言っていました。

■あまりの衝撃で言葉にならなかった

もうね、もうじき70歳になる母に対して

あまりの衝撃で言葉にもなりませんでした。

20代の新卒の人間にとって、

何百万円というお金は大金で、

「辛いなー。キツイなー」という感情で過ごした

あの時間は、母にとっては

本当に大した問題ではなかったんだなと感じました。

■もう怒る気持ちにもならない

正直、その話を聞きながら、

あの辛かった日々は何だったのだろうと

電話を持つ手が若干震えなかったと言えば嘘になります。

でも、私は、あの辛い日々を乗り越えて

全額返済してしまった今、

「もう、そんなことは、どうでもいいや」と思えて

怒る気持ちにすらなりませんでした。

■人の記憶なんて曖昧なものだ

私は、母に「奨学金を借りないといけない」と言われたのは、

今でも鮮明に覚えています。

私は、それまで学費は全額両親が

払ってくれるものだとばかり思っていたので、

そう言われた時の衝撃は凄まじかったからです。

でも、母にしてみれば、

支払いの中の一つに過ぎなかったわけです。

■最後に

「お金がなければ奨学金を借りればいい」

私は、このフレーズは、

あまりにも軽薄過ぎると思っています。

大学を卒業すれば、良い会社に入れるだろうというのは、

あまりにも安直すぎるし、高卒で既に働いている子との

4年間の間を埋めるのは、そう簡単な話ではありません。

高卒の子は、働いて毎月十数万円のお金を稼いでいるのに対して、

大学に通うとなると、高卒の子が1ヶ月で稼ぐくらいの金額を

支払わなければいけないのです。

その差が30万円だとすると、

30万円×12ヶ月×4年=1,440万円

22歳の時点で、これだけの差があるのです。

この金額は、人によっては

すぐに取り戻せるという優秀な人もいますが、

私にとっては、とても大き過ぎる金額だったなと感じます。

人には向き不向きがあって、

何が幸せなのかは、親が決めるのではなく

その子供が決めることなのです。

だから、家計の事情を事前に子供に伝えておくことは、

本当に大切なことだと私は思います。

ランキングに参加しています
▼応援クリックしていただけると嬉しいです▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪