お金がない人は仕事を「生きるための手段」と考えている。

お金のこと

お金の「引き寄せ力」を知りたいあなたへ

著者keikoさんのブログ

書き下ろしPDFのプレゼントがあって

その中に、こんなことが書いてありました。

十分な収入を得たかったらまず、

「仕事に対する意識」を変えることが大前提。

お金がない人は、

仕事を「生きるための手段」ととらえてるの。

働くのは生活のため、お金のためだと。

でも、そうじゃない。

少なくとも、リッチになりたいのであれば

その捉え方はNG。

仕事は「自分を表現するための手段」

もっというなら「人に愛を与えるための手段」

「あなたは、どういう形で人を幸せにしますか?

その表現方法を具体的に示してください」

この問いに対する答なんですよ、仕事というのは

私達は宇宙に、つねにここを問われているの。

■目次

 ▶生きるために仕事をしていた

 ▶お金って「喜び」

 ▶自分も丸。みんなも丸。

 ▶自分が考えているお金が入ってくる

 ▶最後に

■生きるために仕事をしていた

お金っていうのはね、汗水垂らして

苦労したら手に入るものなのよ。

私は、そうやって育てられました。

だから、お金は辛いことを

我慢したらもらえるものなんだと

そう思っていました。

■お金って「喜び」

でも、色々な本を読んでいくうちに

そもそもお金とは?

30歳を過ぎた今、

一から考え方を変えていこう。

変えていきたいと

思うようになりました。

そもそも、お金って「喜び」なのです。

お金を頂いて嬉しい。

お金を使って「喜び」を買えて嬉しい。

本来の姿は、こちらが正解なのです。

■自分も丸。みんなも丸。

昔読んだ、斎藤一人さんの本にも

書いてありました。

自分も丸。みんなも丸。

これが正解。

この意味は、まずは、自分が幸せになれることをする。

つまり、自分が好きなことをする。

そうすることで、

周りの人も幸せにすることができるようになる。

それに、お金が伴うようになり

お金が循環することで

みんなが丸になるんだよ。

■自分が考えているお金が入ってくる

書き下ろしPDFに、

こんなことも書いてあります。

お金を「生活するための手段」と考えていれば

生活に必要な額しか入ってこないし

「人生を愉しむための手段」と思っていれば

愉しめる額が入ってくる。

「人を幸せにする手段」ととらえていれば、

周りを幸せにできるほどの額が入ってくるの。

自分が考えているお金が

入ってくるというわけです。

■最後に

正直ね、30年近くの間

私に刷り込まれた

「お金って我慢の引き換え」という

考え方を変えるのは

やっぱ、そう簡単じゃないけれど、

成功している人は、

お金は「喜び」だと知っているんです。

それを知っているのと、

知らないのでは

やっぱり知ってから世の中を見ると

色々なものが違って見えてくるようになります。

お金って、人にどれだけ幸せになってもらえたかってことなんだね。

▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪