「ポジティブなことしか書かない日記とか無理でしょ」と思っていました。

もう今から20年くらい前だと思うのですが、

テレビでタレントさんが、

「毎日、日記を書いているんです」

話していました。

で、その日記には

楽しかったことしか書かないんです。

一日の終わりには

幸せな気分で、日記を書いて

寝るんです。

そんな話をしていました。

■目次

 ▶楽しいことだけを書くだと!?

 ▶私も日記を書き始めました。

 ▶数年後、読み返してみて・・

 ▶スーパーネガティブでも・・

 ▶最後に

■楽しいことだけを書くだと!?

当時、まだ10代だった私は、

「何!?楽しいことだけを書くだと!?」

てか、私には、楽しいことなんて

毎日ないし、あったとしても、

嫌なことの方が多すぎて

楽しかったことにフォーカスできないんですけど!!

まあ、そんな感じだったわけです。

■私も日記を書き始めました。

でも、心のどこかで

「日記」に憧れていて、

文房具屋で、たまたま目に入った

3年日記を衝動買いしたのです。

そして、意気揚々に、日記を書き始めるのですが

最初の頃は、ぎっしり書き込んでいた文章も

1週間後には、2〜3行になり・・

1ヶ月後には、箇条書きになり・・

2ヶ月後には、単語が1つ書いてあるだけになりました・・

■数年後、読み返してみて・・

まあ、それでも、たまに

感情が溢れ出し、失恋したことや

会社での辛かったことなど・・

どれも、これもネガティブなことなのですが

自分の本当の気持ちを

吐き出す場所となっていました。

そして、数年後、その日記を読み返して

懐かしいという気持ちと

「あぁ、私は、この頃より成長したな」と

心から思える、そんな自分に気づくことがありました。

■スーパーネガティブでも・・

そんなスーパーネガティブ日記は

今では、断捨離して、もう無いのですが

気持ちを文字にして残しておくって

こういうことなんだなと

強く感じた経験でした。

■最後に

そんな私ですが、今でも

手を動かして書くことは、

好きなことの一つです。

パソコンの傍には、いつもメモとペンがあって

「アイディア」や「やりたいこと」を

メモする習慣があります。

最近読んだまずは、書いてみる

試したいなと思うことが

沢山書いてありました。

というかね、やっぱり手で書くと

頭の中がスッキリ整理されて、

「やりたい」と思ったことは大体叶うし、

いいアイディアは、何かしらの形になっているんです。

思っているだけでは、

結局、何も変わらない。

ネガティブなことでも

ポジティブなことでも、

まずは、書いてみる。

この習慣が、人生を変えてくれる

第一歩なのだと私は思います。

▼ランキングに参加しています▼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

私が管理しているコミュニティです(o^^o)
にほんブログ村テーマ ミニマムライフへ
ミニマムライフ
良かったら、遊びに来てくださいね♪