もし明日、引越しをするとなっても・・

断捨離

私は、小学5年の頃、

家の建て替えで、仮住まいに

住んでいたことがあります。

仮住まいというのは・・

父の会社の社宅でした。

そして、父は、3Kの部屋を

2世帯借りました。

1世帯は、建て替えの間

家族が住むスペース。

そして、もう1世帯は、

家財道具を保管しておくために。

■大掛かりな引越し

travel-2012203_640

当時の家族構成は、

父、母、姉、私、祖母の

5人家族。

それに対して、父の職場の人が沢山手伝いに来てくれ

引越し業者の人も10人くらい来て

それは、それは大掛かりなものでした。

そして、10tトラック2台が

パンパンになって出発しました。

■準備は1週間前から

この引越しの準備は、1週間前から

夜な夜な行われておりました。

大量にある食器を1枚1枚

新聞紙で包んだり、

押入れの奥の方から

出るわ出るわの、大荷物。

私は、10歳くらいだったのですが、

引越しって、もの凄く大変!!

その印象が脳裏に焼きつきました。

■開かずの扉

家の建て替えは、

梅雨を挟んだというのもあって

半年以上の月日がかかりました。

その間、私は、家財道具を収めた3Kの部屋には

「危ないから入ってはいけない」と言われ

引越し以来、一度も入りませんでした。

でも、その半年以上の間、

モノがなくて困ったということは

一度もありませんでした。

勉強道具と洋服が少し。

これだけで、私は何も困らなかったのです。

■もし、明日引越しするとなったら・・

IMG_0875

あれから月日は流れ、

現在、私は3LDKの部屋に住んでいますが、

「もし、明日引越しするとなっても・・」

半日もあれば、引越しの準備をすることができるし

引越し業者が来ても

1時間くらいで荷物を運び出せる自信があります。

■転勤族ゆえ

我が家は、転勤族のため

今の場所に、ずっと住むわけじゃないということが

大前提で生活しています。

旦那に移動の指示があれば、

有無を言わさず、引越しです。

だから、「いつ転勤が来ても大丈夫だ」という

自信は、精神的に、とても大切なこと。

そして、多くのモノを持たない生活は、

身も心も自由で、

お金もあまりかからない生活。

そういうのが、とっても

楽でいいなと感じます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ