【モノは基本「使い捨て」】手放すタイミングが違うだけ。

以前、テレビを見ていた時、

お金持ちの家が紹介されていました。

家の中は、絢爛豪華。

どれも、これも凄い。

そんな感じでした。

■100万円のドレス

そして、テレビカメラは、

クローゼットの中へ。

そこには、たくさんの洋服が

かけられていました。

その中に1着100万円のドレスがあったのですが、

1回しか着ていないと話していました。

そして「また同じドレスを着ることはないの」

でもねー、捨てられないのよー。

そんな感じでした。

■寿命を全うしている

もちろん、まだ1回しか着ていないわけだから

ドレスがボロになっているとかじゃないんです。

おそらく、

「あら、また同じドレスを着ているわ」

視線があるから着られないわけです。

私は、そのシーンを見て、

このドレスは、もう寿命を全うしてるんだなと感じました。

■モノには賞味期限がある

このお金持ちの女性が、

このドレスを着ることは

本当にないのでしょう。

そして、リサイクルに出すとか、

人に譲るとか、そういう行為がない場合は、

この100万円のドレスは、

もう日の目を見ることはないのでしょう。

私は、最近、感じるのは、

どんなものでも、長い目で見ると

「使い捨て」なんだなと。

■手放すタイミング

「100円のペン」と「1万円のペン」

”一生もの”という言葉があるけれど、

1万円のペンだって、

モノなのです。

どこかのタイミングで

恋人から2万円のペンを貰って

1万円のペンを全く使わない時が来るかもしれません。

■自分を輝かせるためにある

どんな高価なものでも、

100万円のドレスのように

もうワクワク、ときめくことがなくなったドレスは、

その女性にとっては、賞味期限の切れた

食品と同じようなもの。

そして、私の生活の周りにあるものも

今は使っているけれど、

いつかは壊れたり、

最近モデルに取って変わったり、

トキメキがなくなって処分する時がきます。

だから、モノは、1日で使い捨てるモノもあれば

1年で使い捨てるモノもあるし

10年で使い捨てるモノもあります。

結局、モノは、

今の自分を輝かせるために存在してくれていて

寿命を迎えたら、モノは処分されていきます。

あの世へは、モノは持っていけません。

だから、今の自分を輝かせてくれるものだけに

囲まれて生活する。

これが、一番自分を輝かせてくれる人生になるんだろうなと感じます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ