「お金が足りている」と思うから、そういう現実がやってくる。

お金のこと

なぜ人は、「お金が足りない」と

感じるのでしょう。

預金通帳にも、お金があるし

財布の中にも、お金があるし

スーパーで食材を買うお金もあるし

雨水をしのげて、

ゆっくり寝られる所もあるのに・・

どうして、「お金が足りない」と

感じるのでしょう。

■お金が足りないと思っているだけ。

これって、まるで

メガネを頭の上にかけて

メガネが無い無いって探している

おマヌケさんと同じこと。

誰が、どう見たって

「メガネは、そこにあるじゃん」って・・

なのに、本人は、

「無い!無い!」って探しまくっている。

本当は、既に、そこにあるのにね。

■ちょっとでも油断したら・・

でもね、ちょっとでも油断したら

このお金だって、

どっかに行ってしまうんじゃないかって

私、不安なの・・

そう思うから、

ぎゅっと歯を食いしばって

ぎゅっと手を握りしめて・・

ていうかね、

そういうドロドロした執着みたいな感情が

お金からしたらストーカーみたいで

怖いって感じるんだよね。

■もっと気楽に

P7040632

お金は「あるんだよ」

財布に1000円入っていたとして、

それを、お金がないと感じるのか・・

それとも、お金があると感じるのか・・

もし、これから豊かに生きたいと思うのなら

まずは、「お金があるー」と感じることから。

気楽に、

「お金があるー」って思うだけで

心が、ほんわり温かくなる。

この感情が、とても大切なのです。

■お金が足りていると思うと

まずは、今が、どんな状況であれ

「お金が足りている」と思うこと。

「こんなにある!」と思うこと。

それが、今ある現実を

変えていって

現実が、もっと上がっていくのです。

■まとめ<お金があると思い込む>

正直、お金って

どこまでいっても

最終的なゴールはありません。

生きている限り、

お金って、切っても切り離せられない

存在なのです。

だから、

「もう既にある」ということにしてしまうのです。

「足りない」じゃなくて、

「足りている」

そう思うだけで、

心が、ほんわり軽くなる。

これが、現実も

足りている状況を作り出してくれるのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」