モノの量だけ「お金を使っている」

贅沢してないのに「お金がない」

もし、そう思うなら

部屋の様子やクローゼットの中を

覗いてみます。

■冷蔵庫

「いつか食べるだろう」

色々な食品が入っていて

冷蔵庫に、ぎっしりではないでしょうか。

そして、賞味期限が切れたり

腐らせたりして、食品を処分していないでしょうか。

こういう行為こそ、

お金を無駄にしているのです。

■部屋の様子

いつ使ったのが最後か分からないくらい前のモノ。

可愛いと思って買ったインテリアグッツ。

そういうものが、

部屋のいたるところで

ホコリをかぶっていないでしょうか。

「いつか使うだろう」

「捨てるのは、もったいない」

そういうものたちが、

潜在的にストレスを溜め込ませて、

また、お金を使わせているのです。

■クローゼット

人間が覚えていられるタスクの数は

7つまで。

7つを超えるものは、

サッと頭に浮かびません。

7つを超えるものは、

そのものを見て、やっと思い出すことができます。

「あぁ、こんな服も持っていたね」

だから、1シーズンでの

服の適量は7枚までなのです。

上下で14枚と言ったところでしょう。

■服が多い弊害

「服は多い方が良い」と

昔の私は思っていました。

でも、服には、メンテナンスが必要で

しまう場所が必要で、

その服を着るためにコーディネートを考え

足りないアイテムがある場合は、

更に、アイテムの分だけ

モノが増えていきます。

だから、服の数が多いと

それだけ手間とお金がかかるのです。

■贅沢してないのに・・

普通の生活をしているのに

「お金がない」と思う場合は、

それだけ、無駄なものに

お金を使っているのです。

モノを減らすと、

それまで絶対に必要だと思っていた部分も、

かなりの確率で必要でなかったと気づきます。

結局は、モノがモノを引き寄せ

お金を使わせているから

お金がなくなっていくのです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ