少ないお金で生活できる人は、他の人も幸せにできる。

幸せな人は「お金」と「働く」を知っているという本に

こんなことが書いてあります。

自分が幸せでなければ 、

他者を幸せにすることはできません 。

また 、自分は幸せではないと思う人は 、

今ある幸せに気づいていない可能性があります 。

少ないお金で幸せになれる人は 、

余ったお金でもっと自分が幸せになれるかもしれませんし 、

もっと多く他の人を幸せにできると思います 。

そんな生き方を身につけてください。

■ギリギリの生活

独身時代、私は、

収入は、普通より多かったけど、

貰ったら、貰っただけ全部使う。

だから、お金が残らない生活をしていました。

収入は良いのに、

ギリギリの生活。

それだけ身の丈以上の生活や

不必要なものを買っていたわけですが、

この頃は、正直

自分自身に余裕がなかったです。

来月のカードの引き落としのためには、

今の仕事が、どんなに辛くても

続けなければいけない。

そんな感じでした。

■余裕がないと・・

金銭的にも、精神的にも

余裕がないと、

自分のことで、精一杯になります。

だから、すでにある幸せにも

なかなか気づくことができず

日々を慌ただしく過ごすことになります。

■まずは、自分が幸せになる。

この本にも書いてあるように、

「自分が幸せでなければ 、

他者を幸せにすることはできません」

私は、自分が幸せだと感じるためには、

自分に余裕を持たせてあげることが

手っ取り早いと思っています。

■余ったお金

「ミニマムライフコスト」とは・・

一年間生活する上で、

最低限必要なランニングコストのことです。

詳しくは、この記事に書いてあります。

生きていく上で、沢山のお金が

必要でなければ、

自然とお金は余っていきます。

そして、この余ったお金は、

自分を幸せにすることもできるし、

他の人も幸せにすることができます。

■まとめ<自分なりの幸せ>

世間の人が言う幸せとは、

自分の幸せなのでしょうか。

周りがこうしているからとかじゃなくて

自分軸で、見たとき

それは、本当に必要なのかなと。

そして、生きていくだけで

ギリギリということは、

もしかしたら、

何かを掛け違えているのかもしれません。

生きていくライフコストが小さければ、

お金に縛られることが

より小さくなっていきます。

お金にも精神的にも

余裕のある暮らし。

そんな生活をしていきたいと

私は思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」