実家は、一度出れば「他人の家」なんだなと。

少ないもので生活

昨日、テレビを見ていたら・・

遠方に住む妹が、

実家近くに住む姉に対して

「実家のことは、お任せする。

金銭的援助はするね!」と言ってくれたのに・・

実家の片付けをしたら

「どうして、何も言わずに

片付けたの!?」と

怒ってきたそうです。

■元彼の写真だけを・・

Y6LRZVC0PN

「実家の片付け」

私にも、実家の片付けには

苦い思い出があります。

それは、ある日、突然母から電話があって

「私のアルバムから

元彼の写真だけを抜き取り

捨てておいたから」

「その他にも、色々捨てたいのだが

捨てても良いだろうか?」

そんな風に言う母。

■デリカシー

私は、それを聞いた途端

なんてデリカシーのない母親なのだろうか・・

別に元彼に未練なんて

全くないけど、

そういう個人的なものって

普通、触れないものじゃないのだろうか・・

悲しみが、一気に怒りに変わり

電話口で、爆発したことがあります。

■旦那に全てを話す

電話口で爆発している私を見ていた

旦那が心配して

「どうしたの?」と聞いてくれました。

そして、電話口で言われたことを

全て話したところ、

旦那が私の実家に電話をかけてくれました。

「ハピコが泣きじゃくっているので、

今度、そちらに行った時に

ハピコに片付けさせますので

どうか、ハピコの荷物は

そのままにしておいては頂けませんか?」

■母の気持ち

母としては、

そういう元彼の写真が実家に残っていては

ハピコの旦那さんに

申し訳ないんじゃなかろうかという

気持ちから、わざわざ抜き取ったんだそうです。

でも、旦那は、

「僕は、そういう写真とか

全然気にしないんですよ。」

ちなみに、私も旦那の

過去の恋愛が

どんなものであろうと

あまり気にしないタイプです。

■片付け

それから、私は、

息子の里帰り出産の時に

実家にある私物は、

全て処分や、自宅に持ち帰りしました。

なので、もう実家には

私の覚えている限りの私物はありません。

でも、先日

父の電話で「少しだけ

写真が残っていた」

そんなこともありました。

ちなみに、その時の記事はこれ。

■実家の片付け

私は、これらの経験から

実家は、一度出れば

もはや、自分の家ではあるけれど

本当の意味では、もう自分の家ではないんだなと。

そして、自分のものは、

自分の手で、片付ける。

片付けるとは・・

片をつけるということだから、

それを自分でやることで

モノも気持ちも浄化しているんだなと。

そして、私の記憶にある限りの私物は、

もう実家にはない。

これが、また一つ

心を軽くしてくれます。

そして、もしまだ実家に私物があったとしても

それは、もう私の記憶には

残っていなかったものだから

「いらないもの」として片付けることができます。

■まとめ<親の家は、親自身で>

幸い、私の両親は、

まだ元気に毎日を過ごしています。

なので、実家は、

もう親の家であって

私の口出しができる範疇ではないと

考えています。

だから、実家の片付けは、

親自身が、一つ一つ片をつけるべきなんだろうなと

感じています。

やはり、片付けって

気持ちと行動が伴った時に

進んでいくものだなと

私は思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」