汚い空間にいたら「自分が可哀想」という感覚。

お金持ちの家は、

モノが少なくて清潔。

それに対して、

お金に困っている人の家は、

モノが多くて汚れている。

私は、この法則を知ってから

住んでいる環境は、

とても重要なのだと感じるようになりました。

■モノを減らす

散らかってゴチャゴチャした部屋は、

モノを減らすことで

圧倒的な解決を生み出します。

「床の上に散乱したもの」

「食卓の上に散乱したもの」

「棚の上に散乱したもの」

散乱はしていなくても

使っていないものが

並べてあるだけで

それらのモノは、

住んでいる人のパワーを奪ってしまいます。

■汚い空間

私は、もともと汚部屋出身の人間。

クタクタになって帰って来たら

そのままベッドに

バッタンキュー。

そして、朝は慌しく

会社へ走っていく。

その当時は、自分の住む部屋が

どういう様子であろうと

「どうでもいい」

そういう思考回路だと

そのうち

「自分なんて、どうでもいい」

本当は大切な自分のはずなのに

いつしか

「自分なんて、どうでもいい」と

思うようになってしまいました。

■自分が可哀想

でも、モノを減らし、

毎日、清潔な空間で生活していると、

本来の感覚が戻ってくるようになりました。

それは・・

「自分は、とても大切な存在なんだ」

汚い空間にいたら

「自分が可哀想」

「私なんて、どうでもいい」

そうやって、

自分をないがしろにしていたのに対して

大切な自分という存在を

こんな汚い空間においておくなんて・・

そういう風に思うようになりました。

■まとめ<自分の優先順位を上げる>

「私なんて・・」

そうやって、自分を低く低く見積もって

自分のことをないがしろにしていたら

いつか、感覚が麻痺して

何も感じなくなってしまいます。

そんなの、あんまりにも

悲しいじゃないですか。

だからね、自分は、とても大切な存在なんだって

まずは、自分が認めてあげて

自分が存在している空間を

清潔で快適な空間にしてあげるんです。

自分の最大の味方は

「自分なんです」

自分という大切な存在を

一番変えてあげられるのは「自分」なんだよね^^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」