節約をやりすぎると「自分の価値」が分からなくなる。

お金のこと

教育費のため

老後のため

お金を貯めましょう。

今は、不景気だから。

これからの時代どうなるか

分からないから。

なんだか、そうやって

節約志向を煽っているように感じます。

■失われた20年

K21A2RMCI8

この前、テレビで

「失われた20年」というキーワードを聞きました。

この言葉の語源のようなものは

詳しくは決まっていないようなのですが、

バブル崩壊前のような好景気と逆で

消費に消極的で、

節約志向が強くなってきた20年。

私は、そういう意味なのかなと感じました。

■行き過ぎた節約

「うちは、お金がないから」

そういう感情のようなものが

大前提で始める節約って、

なんか間違った方向に進んで行ってしまいます。

<関連記事>

■自分よりお金が大切?

「お金が勿体無い」

そんな理由で、自分の本当の気持ちに嘘をついて・・

本当は、こうしたいのに・・

本当は、あれが欲しいのに・・

それなのに、なんか

「お金が勿体無い」って思って

我慢したり、別の方を選んだり・・

そんなことをしているから、

いつの間にか、自分よりお金の方が

大切だと思ってしまうようになります。

■まとめ<満足に囲まれる生活>

中途半端なもので

自分の気持ちをまとめようとすると

どこか、不完全燃焼を起こして

満足しないままになってしまうんだなと。

そして、方向性を間違えている節約を

繰り返していくと、

いつしか「自分の価値」が分からなくなってしまいます。

お金って、自分を喜ばせてくれるものであって、

一番大切なのは「自分」なのです。

この軸だけは、

決してブレてはいけないことなのだなと。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」