【お金を貯めるポイント】「苦労して稼いだんだから」って言わない。

先日、子供に対して

どういう「お金の教育」をしたら良いか?

そんな記事を書きました。

<関連記事>

■お金は苦労の対価?

その中に、子供に伝えたいことの中に

・お金より「あなた」の方が大切だということ

・お金は、楽しい気持ちで手に入れるもの

こんなことを書きました。

それは、私自身が「お金は苦労して手に入れるもの」という

考え方で生きてきて、

なんだか、とても息苦しいなと感じていました。

■お金は苦労しないと入ってこない?

良い成績をとって

良い学校に進学して

良い会社に就職して

会社での理不尽にも耐え

やっと頂けるのが、お金なのよ。

そういう考え方でいるから

節電をしない家族にイライラしてしまいます。

■お金の本当の姿

そもそも、私の中に

「楽しくお金を稼ぐ」という選択肢はありませんでした。

お金は「苦労の対価」

でも、世の中には、

「楽しくお金を稼ぐ」という選択肢があります。

むしろ、お金の本当の姿は、

・楽しく稼いで

・楽しく使う

これが本来の姿なのです。

■苦労して稼いだお金

「苦労して稼いだ」という認識のあるお金は

ストレス解消という名目で

湯水のごとくなくなってしまいます。

「悪銭身につかず」という言葉がありますが

ストレスと共に稼いだお金も、

ストレスと共になくなるものなのです。

■まとめ<お金は苦労の対価ではない>

「苦労して稼いだんだから」

この言葉の奥には、

このお金を使ってしまうと

また苦労をしなければいけないんだ。

そういう感情があります。

そういう感情があると、

「楽しく使う」ということが

出来にくくなってしまいます。

これでは、お金は、まるでストレスの塊になってしまいます。

だから、そうではなくて

・楽しく稼いだから

・楽しく使うことができる

お金は、喜びの循環なのです。

そういうことを、子供にも伝えていきたいなと

思っています。

<関連記事>

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

よろしければ読者登録をお願いいたします!

<人気記事セレクション>

1.利子だけで年間30万円を目指す。

2.読み終わった本は、上手に現金化

3.オイシックス初体験記

4.「少ないお金でも、楽しく生きる」