家計簿で気をつけたい3つのポイント。

私は、結婚をしてから

家計簿をつけ始めました。

それまでは、家計簿はつけていなかったわけですが、

家計簿をつけるようになって

私が最終的に気を付けている

3つのポイントをご紹介したいと思います。

■3つのポイント

私が気を付けている3つのポイントとは・・

1、旦那に内容を報告できること

2、全体的な収入と支出を把握していること

3、特に大きな支出を把握していること

■旦那に内容を報告できること

我が家は、旦那の口座管理も

私の口座管理も、全部私がやっております。

結婚して間もない頃、

そういう風にすると二人で決めたからです。

だからと言って、我が家のお金を

私が好き放題に使っているわけではありません。

ちゃんと全体的なバランスを見て

私なりに管理しています。

なので、旦那に家計管理のことを聞かれたら

いつでも、大体の報告ができるようにしています。

大体の内容とは・・

・現在の貯金や資産がどのくらいあるのか。

・毎月の支出は、どのくらいあるのか。

勉強と同じで、自分では分かっているつもりでも

人に伝えるとなったら、

ちゃんと理解していないと伝えることができません。

だから、旦那に聞かれても大丈夫なくらいの

把握はしています。

■全体的な収入と支出を把握していること

全体的な収入と支出とは、

「月ごと」と「年ごと」の

収入と支出のことです。

1月の二人合わせての収入はいくらで、

支出はいくらだったから、

いくら余ったのか・・

はたまた、足りなかったのか。

ちなみに、我が家にだって

足りなかった月もあります。

でも、1年間で全体的に

どうだったのか?

そういうことで、

総合的に判断しています。

■特に大きな支出を把握していること

人間生きていたら、

いつも同じというわけではありません。

定期的にイベントやメンテナンスなどで

大きなお金が必要になる時がやってきます。

<関連記事>

そういう大きな特別支出が

意外と家計を圧迫していくもの。

だからこそ、我が家は、この月には

あのイベントがあるから

この月には、あのメンテナンス費がかかるから

そういうことを大体把握しているということ。

そして、突発的にやってきた

お祝い金なども、把握しているということ。

■まとめ<全体でざっくり>

家計簿と聞くと

食費や日常品や光熱費という

イメージが強いですが、

穏やかな生活をしていれば

そういう生活費は大きく変わりません。

それよりも、ドカンドカンとかかってくる

特別支出が家計を赤字にしてしまうことが多いんです。

そういうことを、しっかり把握して

普段の家計に十分な余裕を持たせ

全体的な収入と支出のバランスを保つことが

安定して、お金が貯まっていく家計簿なのです。