【旦那に教えられたこと】もっと図太く生きる。

先日、書いた心屋さんの本の記事↓

この記事で、こんなことを書きました。

過去に「こんなピースいらないわ」と

自分の一部を捨てていると、

誰かがわざわざ、拾って

「落し物ですよー」と届けてくれる。

その代表格が結婚相手だったりするわけです。

私は、旦那と結婚して

ずいぶん捨ててきたピースを

元に戻されてきました。

■旦那から教えられたこと

私は、旦那と結婚して

一番、私が変わったと感じるのは、

「図太く生きる」ということ。

私は、長らくの間

人の顔ばかり見て、

こんなことしたら

こんな風に思われるんじゃないか?

あの発言は、

本当は、こんなことだったんじゃないか。

こうしたら、

あの人に、こう思われるんじゃないか。

そういうことばかり気にして

どんどん内に内に向かってしまっていました。

■旦那の図太さ

でも、旦那は

そういう私に対して、

・そんなこと気にするな

・そんなこと、いちいち考えるな

・大丈夫だ、お前は間違ってない

・もっと堂々としてればいいんだよ

私のスーパーネガティブな部分に対して

そうやって言ってきてくれました。

■でも、だって

スーパーポジティブの旦那に対して、

ぐうの音も出ない私。

それなのに、スーパーネガティブの私は

「でも」「だって」で応戦。

そんなことを、

これまで何度繰り返してきたことか。

■やっとピースが戻る

旦那に、何度、

背中を押されたことでしょう。

私は、やっと

昔の私が「こんなピースいらない」と言って

捨ててきた自分のピースを

元に戻すことができるようになりました。

■まとめ<もっと図太く>

周りのことばかり気にして

本当の自分を押し込めて

私だけが我慢していればいい。

そうやって、大切な部分を

捨ててしまっていた私。

それを、旦那によって

もっと図太く

素直に生きていけばいいと教えてもらった気がします。

・そんなこと気にするな

・そんなこと、いちいち考えるな

・大丈夫だ、お前は間違ってない

・もっと堂々としてればいいんだよ

この辺りのフレーズは、

未だに日々言われているんだけど、

そういう言葉が、私にとって

一番嬉しい言葉だったりします。