お金を「楽に」使う練習。

苦労して稼ぐと、

お金を使いにくくなるという記事を書きました。

この話には、続きがあって

好きなことで稼げるようになっても

自分自身が、楽にお金を使わないと・・

やっぱり「お金って辛いもの」って

感じてしまうんです。

■お金を楽に使えない

「お金を楽に使えない」って

別に悪いことじゃないと感じます。

でも、楽に使えないってことは

それだけ、心のどこかで

お金は楽に入ってこないって

信じているんだなと。

■お金は楽に入ってこない

「お金は楽に入ってこない」って

信じていると、お金が入って来にくいし、

お金をもらいにくくなるんです。

■お金は「辛い」の結晶?

お金を楽に使えないということは、

お金って「苦労の証」っていうのが

抜けきれなくて、

「お金は苦労して稼ぐもの」っていうのが

抜けきれていないんだなと。

■お金を楽に使う練習

自分が本当に欲しいとか

使いたいと思ったことには

ちゃんとお金を使う。

そして、そうでもないと思ったものは

たとえ安くても、お金を使わない。

当たり前のことだけど、

自分の本当の心に従って

「お金を楽に使う」

やっぱり、これは、

これまで出来ていなかった人(私とか)には

練習が必要。

■まとめ<お金を楽に使う>

・お金は苦労して稼ぐもの

・お金は節約するべきもの

この価値観だと、

どこまでも、

お金は苦労の象徴になってしまいます。

だから、

・お金は楽しく稼ぐもの

・お金は楽しく使うもの

この考え方に、ちょっとずつでも

変わっていくって、とても大切です。