「何をしたら楽しいのか」を考えることがスタート。

本田晃一さんのはしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法

こんなことが書いてあります。

自分で自分のことを

「もっと頑張らなきゃダメだ」

「まだ足りない」と思っていると、

そういうものを選択するし、

人生もそういうものになります。

自分のことを「大好きだ」

「もっと楽しくなっていい」

「ラクして夢をかなえていい」と思っていると

人生もだんだんそういうものになります。

■どういう人生になりたい?

私は、長らくの間

「もっと頑張らないといけない」

私なんて、まだまだだ。

そうやって生きてきました。

でも、もう

そういう人生を本気でやめたい!

表面では、確かに

もっと楽しくなっていいって思っていたけど

心の奥底の部分が

「いやいや、まだまだだ」

もう一人の自分が

言い続けていました。

■楽しい人に囲まれたい

「いや、まだまだだ」と

言い続けていた

もう一人の自分が

心の奥底にいるものだから、

結局、「まだまだだ」というものに

自分自身が行ってしまっていました。

そういう苦行みたいなのを好んでしまう

Mな自分。

客観的に引いてみると

まるでコント。

■まとめ<もっと楽しく>

「何をしていたら私は楽しい?」

最近、私は、そういうことを

よく考えるようにしています。

・のんびりコーヒーを飲んでいたり

・美容室に行って髪の毛トゥルントゥルンにしてもらったり

・ジムに行ったり

・美味しいものを食べたり

・綺麗な景色を見たり

・空を眺めたり

・旅行に行ったり

そういう楽しいことをしながら

楽しい人に囲まれて

たくさんの人を幸せにしていきたい。

それが、私がやっていきたいこと。