周囲の目を気にして、嫌なことをする必要などない。

堀江貴文さんの属さない勇気: まんがでわかる「ウシジマくん×ホリエモン」生き方改革

こんなことが書いてあります。

好きなことだけして

生きていけばいい。

周囲の目を気にして

嫌なことなどする必要はない。

■好きなことをやる覚悟

本書より

学校内では

個性を押し込め、

協調性ばかり求めている。

協調性なんかより

自分の好きなことをやる覚悟があれば良いのだ。

「好きなことをやる覚悟」

確かに、学校では

好きなことをやる覚悟は

ほとんど重視されていないし、

むしろ、好きなことをやる覚悟より

どんなに辛くても耐えるちからを

叩き込まれてきました。

■辛くても耐える

私も、長らくの間

「辛くても耐える」

その先に輝くものがあると信じていました。

でも、そのおかげで

どれだけの時間を無駄にしてきたことか。

そして、自分自身が

辛くても耐えるようになると

周りにも

「辛くても耐える」ことを求めるようになります。

■足を引っ張る

「私だって、こんなに辛い思いしてやっているんだから」

そうやって、周りにイライラして

楽しそうにしている人を妬み

気づけば、足を引っ張るみたいな。

それこそ、負のスパイラル。

■まとめ<覚悟をもつ>

戦後教育で、

「辛くても耐える」を

徹底的に叩き込まれた結果、

私たちは「好きなことをやる」という

人間にとって当たり前のことを無くしてしまいました。

でも、

「好きなことをして生きていけばいい」

この先に、純粋に感じる

自分の幸せがあるのだなと。