「ATM利用回数」と「お金が貯まりやすい」の関係性。

朝の情報番組を見ていたら

お金が貯まりにくい財布という特集をやっていました。

その中で、貯まりにくい財布の特徴は

やはり「ブタ財布」

・カード類

・お守り

・カットバンなど

財布の中に必要でないものが

多ければ多いほど、

財布の中身が把握しにくくなり

お金の管理が難しくなります。

■ATM利用回数

その中で、私が、ちょっと気になったのは

さっき、お金を使って残金が62円になってしまったので

今から、引き出しに行くと言っていた女性。

私も、10年前は、

こんな感じだったなぁと。

昔の私も、1ヶ月のうちに

何度もATMに行って、ちょこちょこ

お金を引き出していました。

■訳が分からなくなる

「やだぁ、もう」

また、お金がなくなっちゃった。

気をつけていたのに・・

もう仕方がないなぁ。

あと5000円だけ引き出すかぁ。

こんなことが、毎月3回も4回も繰り返され

通帳の履歴には、5000円、1万円の引き出し履歴がズラリ。

当時は、家計簿なんてつけていなかったので

通帳の履歴の多さに、げんなりして

更に、お金への苦手意識が上がっていきました。

■貯まる人の通帳

私自身、お金が貯まらない時期と

貯まる時期、両方を経験して感じることは、

貯まる人ほど、

ATMの利用回数は少ない傾向にあるということ。

貯まる人の通帳には、

こういう5000円とか1万円の

ちょこちょこ下ろしは

ほとんどありません。

■ちょこちょこ使っている

もちろん、貯まっている人も

消費活動はしているので

お金を引き出すわけですが、

貯まる人って、結局は

ちょこちょこ使っていないんです。

だから、その逆で

貯まらない人って、何かしら

ちょこちょこ使っている可能性大です。

■まとめ<キャッシュカードは使わない>

私の場合なのですが、

貯まらない時期は、財布の中に

キャッシュカードが入っていて

ちょこちょこ引き出していました。

それに対して、今は、財布にキャッシュカードは

1枚も入っていません。

そして、現金を引き出す時は、

基本的に通帳で引き出しています。

結果論なのかもしれませんが、

そういう、ちょっとしたことが積み重なって

貯まりやすくなっていると感じます。